講師ブログ

“楽しい数学”と”正しい数学”

Pocket

こんにちは、まなぶてらす講師のワタルです。

私は、ここには今回初めて投稿させていただきます。テーマは、上記の通りです。これを見て、皆さまはどう思われたでしょうか。「数学は、楽しい方がイイに決まっているじゃないか・・・。”数が苦”っていうダジャレもあるんだから・・・」 おそらくこういう反応が多いだろうということが予想されます。

私は、東大・京大・医学部の数学指導経験が長いのですが、今年、中学受験生からの指導依頼が急激に増えてきました。そこで迷うことは、〇〇算、△△算のような「中学受験算数」で解かせるか、「正しい数学」で解かせるかということです。~~ここで、「それじゃぁ、〇〇算、△△算のような<中学受験算数>は、正しくないと言いたいのか~~という猛反論が来そうなので、お断りを書かせていただきます。〇〇算、△△算のような「中学受験算数」をほとんど完全に身に付けた児童に会うこともあります。こういう人達は、“自信”を持っていますし、楽しそうにやっています。ハイレベルの中学に合格するでしょうし、良い事ばかりです。

私が危惧しているのは(全部が全部そうだという訳じゃないのですが・・・)名門中学に入った子ども達が、高校数学を学習する段階になったときに、かなり多くの割合の人が解決不能になる(実際、そういう生徒をたくさん見て参りました)ということです。これでは、”正しい数学”と言い切ることはできません。

ですから私は、事あるごとに、できるだけ早い時期から「方程式」「比例式」「連立方程式」「数列」といった、小学校では習わないこともきちんとした先生から学んで、その方法で「中学受験」に向かって行こう・・ということを呼びかけています。

“本質的な理解こそが、本当に楽しい” この意味が分かっていただければ幸いです。

まなぶてらす講師。主担当:高校数学ⅠA・ⅡB・Ⅲ。物理。化学。(他)数学検定講座。教員採用試験対策講座。小論文。高校受験。中学受験。


ピックアップ記事

               オンライン家庭教師の「まなぶてらす」