講師ブログ

親が子にしてはいけないこと

Pocket

こんばんは。ピアノ講師のえりかです。

今日は「親が子にしてはいけないこと」についてのお話です。お子さんについつい言ってしまう余計なひとこと。

「あの子はもうあんなに弾けるのにあなたはまだなの?」「いったいいつになったらあの子みたく弾けるようになるんだか…」

と、ここまでではなくても、これと同等の事を言ってはいませんか?

してはいけないことはズバリ「よその子供と比較すること」です。

うちの子はうちの子の成長スピード。よその子はよその子の成長スピード。理解するはやさ、リズム感、音感、好きな曲のタイプ、苦手、得意、本番でうまく実力が出せない子、本番大好きな子、とあらゆる事が違うんです。

あの子は上手くて、自分は弾けない…

こんなふうにお子さん自身が思ってしまっては、いつしかお母さんの「いいよ、上手ね」の言葉を目標にがんばっていくことになります。「音楽」という素晴らしい経験をさせるつもりがお母さんにほめられるための狭い世界へ…

おうちの人目線だけではとうてい上手、下手を決めることが出来ないのです。

ではどんな言葉がけをすれば良いのでしょうか?

それは

・結果ではなく練習のプロセスをほめる。

・一緒に達成感を味わう。

・出来たら「やったねー」とハイタッチ

 

やっぱり出来たらおうちの人と一緒によろこびたいですよね。ピアノは楽器のなかでも難しいとされていますから、経験しているだけでもすごいんです。

 

例えば、発表会でちょっと失敗しちゃった…「練習不足なんじゃないの?」なんて声がけは、絶対NGです。(たとえ練習不足だとしても)

こういう場合私のレッスンでは、こうならないためにどうしたら良いのか、生徒と一緒に考えていくようにしています。

発表会での演奏ハプニングは、講師側の立場からは全く問題視していません。むしろ「この子、堂々としてたんだ」「おぬし、本番に強いな」「なんときれいな響きで弾ける子なんだろう」と、再発見する場なのです。発表会後はさらにそれぞれ個性的な演奏が出来るようにプラスアルファして成長度合いをみます。

よその子の進度が気になるのはとてもよくわかりますが、比較したところでお子さんのピアノに対するモチベーションや自信の低下と、良くない方向に行く可能性があります。

楽しくピアノに向き合う姿は、見ているほうもとても嬉しいものですね。みんなでゆっくりと成長を見守っていきましょう!やっぱり音楽は「ハッピー」じゃなっくちゃ!!

 

 


ピックアップ記事

               オンライン家庭教師の「まなぶてらす」