講師ブログ

30秒の集中力でのびのび弾く!

Pocket



 



ピアノ講師のえりかです。

大型連休をどのようにお過ごしでしょうか?もちろん関係なくお仕事の方や、勉強が忙しい人もいらっしゃると思いますが。

ドラえもんの「のび太」が言っていた「いっしょうけんめい、のんびりするぞ」を思いだしました。ほんとはこれが一番!

新年度、ピアノを始めたばかりの小さなお子さんの練習の様子はいかがですか?「せいぜい10分…」「遊んでるのか練習なのか…」など保護者の方の声が多いです。

うちの教室にいる生徒さん(小1)は、集中出来る時間なんと「30秒!」です。30秒といったら1曲ですね。でもその1曲がいつも完璧!

これを聴くのが私としてはすごく楽しみで、本人も満足。

集中が難しいお子さんには4、5分刻みで指導案を考えてレッスンしています。弾いて、立って、歌って、書いて、音当てっこして…と忙しいですがこの方法だと小さなお子さんでも短時間集中出来ます。

最も大事なことは、時間が短くても良いので、とにかく毎日ピアノに向かうこと。それが遊びながらでもok。小さなうちから「練習すること」の習慣づけをしてくださいね。

 

子どもって黙って座っているのが苦手です。でもこれが子どもリズムですから、成長と共にきちんとレッスン時間まるまる集中出来るようになるでしょう。

今日の演奏動画はブログの内容と少しそれますが、モーツァルトが6歳の時に作った曲です。「アレグロ変ロ長調k.3」

特別な年少期を送ったモーツァルト。いわゆる天才です。演奏活動、語学の勉強、作曲と、ふつうの子どもとは相当かけ離れた子ども時代でした。

それにしても歴史上すごい6歳がいたんですね。お子さんと比べるのは酷なので決して比べないで下さいね。(念のため)

 


ピックアップ記事

               オンライン家庭教師の「まなぶてらす」