講師ブログ

不可解なエリックサティが好きです

Pocket


こんにちは。ピアノ講師のえりかです。

ピアノを含め、音楽を仕事にしたり、たしなんだり生活全般が音楽に満ち溢れている人の印象ってどうなんでしょうか?

真面目、お金持ち、変わり者、優雅、裕福、お嬢様、お坊っちゃまくん、わがまま、純粋、神経質…

思い付きで挙げてみましたが。実は意外かもしれませんが、結構多いのが体育会系。時間があればジムに出かけて体を動かしたり、ゴルフ、スノボー、スキー、フルマラソン、フラメンコ、と非常にアクティブな人が多いのです。しかし、ケガをしては仕事にならないので、内緒でスポーツをしてる、という講師さんが私のまわりには居ます(笑)

それと余談になりますが、これも意外に思われがちですが、女性なら外見キュート、中身は男勝りが大多数。わたくしもかなり、男性的な考えを持ってる方だと思います。

反対に男性は女性的な感じが多いのかな?美しいものに惹かれる…そんな感受性を持った男性が多いような気がします。あくまでも私の第一印象ですが…

さて、今日はちょっとまわりから風変わり者扱いされていた「エリックサティ」という作曲家のお話です。歴代作曲家の本を読んでみると、どこか変わり者、屁理屈、人間嫌いで最後は命を自ら断つ、など一般社会からかけ離れた生き方をしている人が多いようですが。

このエリックサティ(フランス)は、とても面白すぎるタイトルをつけるですが、曲はなんとも不思議で、つかみどころがありません。そうかと思えば、おしゃれなカフェで流れていそうな現代人の心に、スーっと馴染んでいくようなメロディ。

きっと皆さんも耳にしたことがあると思います。私個人的にリスペクトしている作曲家です。難解で変わり者扱いされた彼ですが、実はピュアな心を持っていたのでは?と推理…

まずは、ちょっと(どころじゃない…)変わったタイトルを紹介します。

・家具の音楽

・梨のかたちをした3つの小品

・犬のためのぶよぶよした前奏曲

・干からびた胎児

・ナマコの胎児

・官僚的なソナチネ  etc.

いったいどう理解すれば良いのでしょう?説によると、題名だけで判断する者への皮肉的な意味と言われていたりしますが、真実はわかりません。エリックサティは、権威や、地位、お金持ちを嫌いました。生涯独身、さらに貧乏…

時に、音を計測器で測定して科学的な思考で作曲をしたそうです。(なるほど、それであんな奇妙な感じの曲になるのか…)

しかしあるきっかけで、独創的でオリジナリティのある曲もたくさん作っています。

・ジゥトゥヴ(お前が欲しい)

・ジムノペディ大第一番

・ピカデリー

この3曲は音楽に興味がなくてもみんな知ってるはず。とても美しく有名です。

エリックサティのことになると、言いたい事がたくさんありすぎて、だいぶ遠回りしてしまいましたが、「官僚的なソナチネ」の曲中に出てくる、部分的な文章をちょっと、取り上げてみると。

・彼は自分の昇進のことを考える。

・たぶん、昇進はしなくとも給料は上がるだろう。

・昇進か。給料が上がるといいのだが。

というこんな文が…(お役所って大変なんだな~)

 

一般的な楽譜には、

消えるように。厳かな雰囲気で。陽気に。

などこうやって弾きなさい、という指示の意味で書かれていますが、エリックサティの場合はそうじゃなさそうですね。

ポエム、悲愴、現実、皮肉、などをつづっていることが多いです。

そしてよく調べてみると、いろんな楽譜があって「ドアをバタンと閉めて怒って出ていった感じで」

「食べ過ぎて太ってしまった悲しみ」などそんな感じを表現しなさい、と表記されているのもあるので、楽譜めぐりをするのも面白そうでイメージがぐんと膨らみますね。

 

私は、昔から人がやっていない事や、気がつかずにいること、反対側にある事を考えるのが好きで、エリックサティのことはすんなりと受け入れることが出来ました。だからなのか、曲を作るときもどうしてもエリックサティ寄りになってしまうのです。(現在制作中)

強く、弱く、遅く、だんだん大きく、など楽譜には技術的な指示が書き込まれていますが、作曲家のおもしろ奇妙なポエムにも目を向けてみると、機械的に弾いていたのがなんとも味のある演奏になったりします。

ドビュッシーかエリックサティの曲か忘れてしまいましたが、子供のためのピアノ曲を、いやいやながら練習する様子を表したのか、わざとヘタに演奏するピアニストもいるくらいですから。

曲のとらえかたや弾きかたは千差万別。時々

「そういう弾きかたになるのか~」とレッスンの時も発見がとても多いです。

作曲家がどういう生き方をしてきたのか考えてみるともう一歩、音楽が楽しくなりますよ。

☆音源

「官僚的なソナチネ」

・どこかの俳優さんが独自の感性で音楽に合わせて演じてるのを見つけました。

・メトロノームとピアノが若干ずれてるのは演技だと思います。壊れている官僚さんの心を表現したかったか?と勝手に推理…

色々掘り下げてみるのもおもしろいですね。

 

 


ピックアップ記事

               オンライン家庭教師の「まなぶてらす」