講師ブログ

そうしょく音のれんしゅう(こわーい曲にあわせて….)((((;゜Д゜)))

Pocket

こんにちは。なつがやっと来たようですね!!

 

まなぶてらすピアノ講師のえりかです。

オンラインにもだいぶ慣れて、少しずつお問い合わせや

体験レッスンが入ってきました!

一度では伝えられないことも多いですが、お子さんの中に眠っている

未開発な力を引き出せたらと思います!!!

 

学生の皆さんは、なつやすみに入り、普段とは少し違ったペースで

過ごしていることと思いますがやることたくさんあるのに

誘惑が….ついつい美味しいものや楽しいことに気をとられ。。。

 

と、なんやかんや大事なことを先送り。。「あ~またやっちゃった…悪いクセ..💧」

そんな時は、きもちを無視してまず行動!!!

ピアノの近くにいく→イスにすわる→ふたをあける→スイッチ入れる→

↓↓↓

  ♪♪弾く♪♪弾く♪♪弾く♪♪

私だって今だにこうですから。。一緒にがんばりましょう!

 

皆さんの学校は、学校キャンプでのきもだめし大会はありますか?

夏といえば、こわ~いはなし….きもだめし大会で、

お母さんが白い着物を着て音楽室や理科室で待ってるよ。(お母さんだって怖いはず)

おばけがお母さんだってわかっていてもさすがにこわいですね。

(え?素のお母さんの方がこわいって?)

そんな、まじめな顔で言わないで..(/-\*)

 

さておき、そんなひや~

としたい人に向けて、こんなれんしゅう曲を作ってみました。

初心者さん向けですが、音源に合わせるのは意外とむずかしい。

「それ、弾ける」と思ってても、音楽に合わせるとワンマンで、

最後は「ジャカジャン」と音楽だけが、残ってたりするものです。(あれ?音源を無視して弾くと

よくこうなります..)

 

まず、この曲のポイント

・そうしょく音(ひっかけるように、細かく弾く)

・休ふを体でかぞえる

・テンポをキープする

この3つです。

それとお楽しみはこわ~いバックミュージックです。(きゃ~~)

そういうの苦手な人は無理かもしれない…と言われると聴いてみたくなったりして。

BGMは自作なので、聴いてもらえると嬉しいです。

暑さに負けそうな人はやってみてね。

 

 

「そうしょく音」という弾きかたは、実によく出てきて

うまく弾けると全体がひきしまりますし

なんだかさえないと、とてもぎこちなくなるんです。簡単にやっているようで

一瞬で力を入れて、一瞬で抜いて。とにかく力加減がむずかしい..

そうしょく音をやりはじめたばかりの頃は

「ドタッ」という感じで、鈍い動きになりますが

なれてくると、自然に聴こえてきます。

 

 

コツは力の入れ方と抜きかた。

ピアノを弾いてる人を見て、わ~じょうずだな!

と思うのは、りょう手で器用に弾いている、とか

感情を込めて弾いている、とかそういう印象だと思いますが

忘れてはならないもうひとつの点は「うまく柔軟が出来ているか」

という部分です。これは非常にむずかしくて、フニャフニャでもダメで

力いっぱいでもきたない音になってしまいます。

お子さんの場合はからだがまだ未完成なので

うまく力が入らなかったり、弱かったり、手のひらを支える力が弱く、

弾いていてもすぐに手首が下がってしまったりと、

頭ではなんとなくわかっているけど..の状態が続くと思います。

私は時々このように自作の練習曲で、基礎のトレーニングをしてもらってるわけですが

たったこれだけのちいさな曲ですが、積み重ねると

爆発的に上達します!!

「ちいさなことが出来なくて大きなことが出来るか~~!」

と、いっつもいっつも言ってます(笑)

(はい、先生、今日も出たね…と思ってるんだろうね^^)

 

基礎のトレーニングはピアノ弾きにはとても大事です。

スポーツだって、最初にストレッチして、軽くランニングして

からだが固ければ柔軟して、と段階をふみますね。

ピアノも一緒です。

 

小さいことを、こつこつ出きる人は強いぞ!みんな大きくなあれ!

 

♪こちられんしゅう用(4つカウントで入ります)

 

☆カーテンにしかけはありません(^^;

 

 

 

 

 

 



ピックアップ記事

               オンライン家庭教師の「まなぶてらす」