講師ブログ

和音をおぼえて、とことん自由。めざせ、マイワールド!(きらきら星ピアノアレンジ)

Pocket

まなぶてらすピアノ講師のえりかです。

 

キラキラ星を自由に編曲

 

誰もが知ってるキラキラぼし。

色々な雰囲気でアレンジしてみました!

演奏動画にしてみたので

観てくださいね。

 

限りなく原曲に近づけたり

もっともっと自由に、

いろんな事から解きはなれて

弾いてみたり、マイワールドを

作れたら楽しいですね!

 

わー難しそう‥

自分には関係ないや。

 

いいえ、そんなことはないんですよ。

できるようになるにはポイント一つ。

 

紹介するとすれば、

 

和音 をたくさん知っておくこと。

 

これにつきます。

とはいっても、まずは超基本の和音から

覚えておくといいと思います。

 

ハ長調で例えると

 

・ドミソ~ C

・ドファラ~F

・シファソ~G7

(ピアノが弾ける人は弾いてみいてくださいね)

 

始めるのはまずはここから。

聴いたことがある和音だし、どこにでもあります。

 

そして、どこの調に行っても

この超基本のコードがわかること。

調が変わると案外この超基本がごっちゃになる‥

という人が多くいます。

 

やみくもに難しい本を見て、

今日からコードを勉強するぞ!!

決していいことはありません。

 

実は私もその類はたくさん持っています。

訂正→持ってました。あ、結局捨てちゃいました。

難解だし、絶対それが正しいということはないから。

 

明確にこれ、と言えることができなくて

申し訳ないのですが、

大好きな曲を何度も何度も聴いてはまねしてみることです。

やっぱり、この作業は欠かせないと思います。

 

子供の頃から、この和音感覚や

アレンジ感覚を身につけさせたい、という人は

ヤマハのグレードをおすすめします。

 

まさに、この超基本の和音がふだんのれんしゅうで

バッチリ学ぶことができるからです。

 

もっと自由に!まさかの短調。

 

アレンジはわかるようになると、

本当におもしろくて、自由です!

いろんなことから、解放されて

マイワールドへ。

 

動画を観てくれた人はおわかりだと思いますが、

1曲目は、古典的プラス、私なりのこだわったコード進行

を入れてみました。

 

2曲目は、まさかの短調。

長調だから、長調でやらなきゃってわけじゃ

ありません。そして粋に「和」の感じに。

 

ここで、役に立つのが左手の和音。

たくさんって言っても、テンションコードじゃなく、

純粋なコードでOKです。

 

だんだん覚えてくると、みんなやってしまう。

「私は今どこにいる??」

今、自分がどこのキーを弾いているのか

わからなくなってしまう。。。

そこから、現住所に戻るにも

やっぱり、解決するための和音をおぼえておくと

いいですね。

 

数をこなして、体で覚える。。

結局こういうオチになってしまうのですが、

 

わたしがオススメする勉強法は

 

・コード進行

・和音の種類

 

2つとも、超基本でOK

 

これが馴染んできたら、いよいよ

テンションコードといわれている

おしゃれな感じがする和音勉強に進んでも

いいと思います。

 

こんな、偉そうに言ってますが

私なんかまだまだです。

だからこそ、うまくなりた〜い

と、トライしてみてます。

 

レッスンでもいつも言ってることなのですが、

ああでもない、こうでもないと、

やってみたり、落ち込んだり、喜んだり、

人のを観たりまねしたり、

色々やってみることが、「音楽性」を磨く

大切な時間なんです。

 

だから、こんな私のを観て

「あ〜そういうやり方があるのか〜」

「自分もやってみたいな」

「知らなかった〜」

と、フムフムと何か感じていただければ

嬉しいです!!

 

何より、自分がずっとそうやって

育ってきたから。

 

やっぱりあの時間は、

すごく宝になったな、と思うのです。

 

最後までありがとうございました!

また次回も夢いっぱいのピアノの世界を紹介しますね!

 


ピックアップ記事

               オンライン家庭教師の「まなぶてらす」