講師ブログ

たった2つのコードのくり返しでかっこよく!(ピアノ)

Pocket

ピアノ講師のえりかです。

こちらはとうとう雪が降りました。

冬将軍の到来だ!(ヤダヤダ。。)

 

今日は、皆さんに色々なことに

挑戦してほしいな、と思って

いまだに私もやっている

こんな練習法を紹介します。

 

たった二つのコードで広がる世界

〜サイモン&ガーファンクル「明日に架ける橋」風〜

 

今日は、左手の和音を覚えたら、

それをどうやっていかすのか。

もちろん、たくさんありますよ。

自分で自由に曲を作ったり、

アレンジしたり、即興ができるようになったり、

今より数倍、自由度が増します。

私なんかいつもこういうことばかりやっているので

まるで、子供みたいに新しい発見や

経験ばかり。

 

今日はまず、覚えたての和音の、

練習の仕方を紹介しますね。

演奏動画を撮ったのでぜひ観てください♪

 

 

右手は適当に弾いています。

実際、撮り終わって聴いてみたら

サイモン&ガーファンクルの

「明日に架ける橋」にちょっぴり似ていました。

決して真似したわけじゃないです。。(•‿•)

時々、こういう事態が起こってしまいますが

悪いことではないです!むしろgood!!

 

コード進行の練習法

 

これ本当に、最強です。

私はいつも、この方法で

覚えたてのコードを練習しています。

 

ピアノとスポーツは本当に似ていて

机の上での勉強だけでは

覚えられません。

だから、

「まずは体で覚える」のが大事です!

 

今日は、

・ハ長調のCとF 和音記号であらわすとⅠ、Ⅳ

  

気のすむまでドミソとドファラのくり返し。

弾きまくって無意識でも

弾けるようになったつぎは、

少しだけでもいいので、頭に浮かんだ

右手メロディを弾いてみましょう。

 

初めから目標を高くするのは挫折のもと。

C と F を覚えることがまず目標なので、

右手のメロディーにはあまりこだわらず、

左手をしっかり弾いてください。 

 

どうしても右手が動かない人は、

左手オンリーでオッケー。

右手が少し動きそうな人は、

キレイ系、かっこいい系など曲の系統を決めて、

少しずつ動かしてみましょう。

 

ポイントは音数を少なくすること。

たくさん入れる必要はありません。

どうしても何か弾かなければ。。

と思ってしまいがちですが、

小節がスカスカになっても大丈夫です。

そこにこだわっていては、先に進めません。

 

そのかわり、左手は絶対にフリーズしないで弾く。

 

そんな練習をしてると、

いつのまにかコードが弾けて、

即興ができるのも夢ではありません。

体に馴染んで、記憶が定着するんですね。

 

たった二つのコードですが、

こんなにかっこよく弾けるなんて!!

  ↑

自分で言ってる😅

でも楽しい!!

 

音楽的な引き出しを増やす

 

よくいるアーティストタイプは

こういうことが自由自在にできたりします。

 

そして、この人たちにどうやって身につけたのか聞いてみると、

気づいたらなんとなくできていた。。という参考に

ならない答えがなんと多いことか。

 

この人たちはきっと、圧倒的に

能動的な作業が多かったはずです。

 

自らやってみる作業」で

たくさんの引き出しを増やしたのだと思います!

 

私の経験から、たくさんのジャンル、

色々な左手、リズム、コード進行。

 

メロディー以外のことに目を向けると、

どんどん引き出しが増えていきます!

そんな私も出来ない時があって、

どうしても出来ない。。。と落ち込むんですけど、

ふたたび、立ち上がります!

もう楽しくって仕方ないんです(≧▽≦)

 

そうは言っても、特別なトレーニングを受けたからでしょ。

トレーニング。。?

うーん、私は 英才教育は受けてないです。。

ごくごくふつう。

 

ただ小さい時から、音楽をたくさん聴ける環境だったのは

間違いないです。

ヤマハのグレードが特別?だとすれば

そうかもしれません。

 

今日はたった二つのコードで、

ちょっと新しい世界を体験してもらいました。

興味のある方はぜひ弾いてみてくださいね♪

 

今日は左手の練習法でしたが

次は右手の練習法についてお話しする予定です。

お楽しみに!

 


ピックアップ記事

               オンライン家庭教師の「まなぶてらす」