講師ブログ

つい勢いで弾いてしまいがちな「装飾音」の練習方法

Pocket

ピアノ講師のえりかです。

今日は装飾音の「トリル」についてのお話しです。

バッハなどの古い時代の曲を弾いてると

よくこれに遭遇しますが

Trill(トリル)とよばれるこの奏法は

装飾音の一種。

技術的にはむずかしくて、(とくいな人がうらやましい)

私自身もまだ制覇していません。

・動きが速い

 ・入るタイミングがむずかしい

・バランスをととのえるのが至難の業。

 

だから「上級編」とも言えるかも知れませんが、

音楽には不可欠な技術なので

ビギナーさんが覚えておいても

損はしないと思いますよ。

今後のためにぜひ覚えておくと良いです。

装飾音 

・トリル

・プラルトリラー

・モルデント

本当によく出てくるので習ってない人も要チエック!

この装飾音は

ピアノだけではなく、

いろいろな楽器を演奏するときに使用します。

私自身も苦手な装飾音ですが

どんな練習をすればいいのでしょう?

ボッケリーニのメヌエット 

今日は

ボッケリーニのメヌエットを

ト長調に変えて好きなタイミングで

装飾音の「トリル」 気のすむまでれんしゅう!「これががわたし流!」

 

ちょっと余談ですが、

フィギュアスケートや

ハーフパイプの回転は

何回まわったかなんて

数えてないらしい…ちなみにジャンプする瞬間、

ちょっとでも体制を崩すと飛ぶ前からあ〜失敗だ!って思うらしいです。

ピアノも同じで、

いちいち今の何回まわしたっけ?

とはいきません。装飾音に入る瞬間、

チカラ加減やタイミングをまちがえてると、

うまくいきません。(なんか回転系のスポーツに似てる。。)

特に、演奏者の解釈によって

スピード、回転数、音使いが変わるから

さらにむずかしいです。弾く人によって本当にちがうので、

聴き比べてみるのも勉強になりますね。

装飾音を弾くコツ 

そう、だから

入るタイミングとか回す速さとかは体で覚えるしかない❗

ポイント→脱力 これ必須!

★力を抜くことできれいにまとまります。

(そこだけふわっみたいな感じ。)

♬レッスンでも「ふわっ練習」してます♬

でも脱力ってすごくむずかしいんですけどね。

ついついチカラが入って力んでしまうんです。

今回は鬼のように笑

トリルやプラルトリラーを入れて弾いてみました。

その中で、「今のチカラ加減やスピードはいい感じだぞ!」

というのを見つけるといいです。なかなか見つけられない人はスマホで録音してみましょう。

これが客観的に聴いてみると新たな発見の連続。

そんなふうに弾いてるつもりはなくても、

なんかちょっとずれてたり、思ってるスピードじゃなかったりするので

「気づく」には録音してみるのが一番です。

曲はうまく弾けてるのに

装飾音がイマイチ・・じゃもったいない!

装飾音は華やかじゃなくっちゃ

どんな練習をすれば良いのか

迷っている人や、見ないふりをしている人は(笑)

練習例の動画を作りましたので練習の参考にしてください♬

知ってる曲や、すでに習った曲に

「ここにいれたら素敵かも?」

という部分に思い切って入れてみましょう!

「一回だけ上に回す」

「長ーいトリル」

「半音下に下げるトリル」

 

いろんなかたちで練習してみてくださいね。

装飾音は気をつけて弾かないと

ただの雑音…

とにかくれんしゅうしかない!!
自分の弾いた音をよく聴いてね。

なんかゴチャゴチャしてて絡まった。。
みたくなったら格好悪い装飾音。

絶対に華やかに弾きたいもんだ!今日も最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

 



































ピックアップ記事

               オンライン家庭教師の「まなぶてらす」