優勝のための英語 スピーチコンテスト記事連載
講師ブログ

優勝のための英語スピーチコンテスト準備 当日の準備

Pocket

 

まなぶてらす講師のビビアンです。

今日は優勝のための英語スピーチコンテスト準備 当日の準備についてお話します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

でも、その前にある生徒におめでとうを、伝えたいです!

実はこの記事を書く前日に、スピーチレッスンを教えた生徒がはじめてのスピーチコンテストの選考に挑みました!

かなり難しい原稿なので、「問題なくスピーチを話しました」との報告があり、嬉しい限りです!

三週間もなかったけれど、一緒に原稿を直して表現を練習してきました。

今は感情を入れてプレゼンできているようになっています!

もし、あなたも今年のスピーチコンテストに参加してみたいなあと思ったら、

ぜひここで公開しているノウハウを使ってください!

 

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

優勝のための英語スピーチコンテスト準備をお題に、四回分けて記事を連載しました。

原稿の書き方から表現を磨くための記事、そして最後の記事は当日の準備になります。

 

無視されやすいが、当日の準備はかなり大事です!

なぜかというと、どんなに完璧な準備をしても当日のパフォーマンスが悪かったら努力はすべて水の泡になるからです。

 

スピーチコンテストの日が近づけば近づくほど心配になるのは、「急に忘れないよな」とのことです。

 

忘れるかもしれないと思うので、頑張ろうとする人は多いと思います。

 

実は、頑張れば頑張るほど当日になって、緊張します!

 

「全部事前準備をしました!」

「こんなに頑張ったから、きっと大丈夫!」

自分に心理的なプレッシャーをかけてしまいます。

たとえ忘れずにスピーチができたとしても、硬いパフォーマンスになってしまうでしょう。

 

なぜかというと、私はそういう経験で失敗したことがあります。

100人もの前で、急に忘れたり、表情が硬くなって恥ずかしい思いをしたことがあります。

 

その後、心理学の勉強や、演技の勉強、またはスポーツ心理学の勉強で分かったのは、大会がある日の前は、何も考えないでリラックスしたほうが集中力が高いです!

 

特に、オリンピックの選手はリラックスることを大切にしているだそうです。

オリンピックレベルになると、ライバルのレベルはほとんど同じになります。では、誰が一位を取るか、誰が二位を取るか、それを決めるのは当日のフォーマンスです。

 

普段以上の力を発揮して、ゾーンに入ることができたら優勝することは大いに可能です!

 

スピーチや、試験も同じように考えてもよろしいでしょう。

 

硬くなった糸を引っ張ったら壊れるが、柔軟さを保つ糸は長持ちします。

 

私たちの神経も同じです。

 

そのために、スピーチの当日で行うおすすめは以下のようになります:

 

  • 好きな音楽を聴いたり、映画を見て笑うこと
  • おいしいものを食べてスピーチのことを忘れる
  • (もしあれば)録音した自分のスピーチを聞き流しながら運動したり、散歩すること
  • 明日着ていく服を選んで楽しみにすること(特に女の子はこうしてください!)

 

言葉は意識の器です。

その器を表現するのはスピーチする人です。

その人の思いや、雰囲気、そしてエネルギーすべてが最高な状態でなければ人を感動させることはできません。

 

読み書きばかりしていると、本当のコミュニケーションを忘れてしまいます。

どんなにテクノロジーは進化しても、人と人のコミュニケーションに変わることが難しいでしょう。

なぜかというと、その人がそばにいる存在感はどうしてもテクノロジーでは再現できません。

 

スピーチをすることは、人の前に立って、同じスペースを使うことです。

Youtuberのような目立つな表現ではなく、実際に感情でアピールしたほうがいいでしょう。

 

ちなみに、ビデオで表現する場合、リアクションを大きくしなければいけません!これはなぜYoutuberたちは大げさになりがちの理由です。

 

ーーーーーーーーーーーー

いかがでしたか?

スピーチの準備に向けて少し自信は湧いてきましたか?

もし、質問があればご遠慮なく、いつでも聞いてくださいね。

 

次回は最後のコツ、コンテスト当日の準備についてお伝えします。ぜひ、来週の記事もたのしにしてください!

 

お力になれるところがあれば、お気楽にプロフィールから体験レッスンを申し込んでください。

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

それでは、また次回の記事でお会いしましょう!


ピックアップ記事

               オンライン家庭教師の「まなぶてらす」