講師ブログ

子供が英語を進んで学ぶようになるには

Pocket

みなさまこんにちは!まなぶてらす 講師のミヤチです。まなぶてらす では英語のクラスを中心にレッスンを行っています。

今回が初めてのブログ記事になるのですが、これから少しずつ、自分が英語を学び、英語を活用する際に「大事だなぁ」と思うことや、自分の海外生活での経験を活かした英語学習方法、留学・海外就職についての情報を書いていけたらと思いますので、拙い文章で恐縮ですが、最後までお読みいただけたら嬉しいです♪

 

今回のブログでは、幼少期の英語教育について、最近思ったことをかけたらと思います。最近英語教育について、グローバル化した現代では日本にいても英語は必要、という意見が多数出ていることもあり、英会話教室や英語塾に通われるお子さまも多いことと思います。

私は日本の大学、海外の大学と大学院を出てその後は海外で就職しているので、20歳の初めからはほぼ英語漬けの生活でした。初めて海外に長期滞在した際は、クラスでネイティブと同等にディスカッションしたり、話していることを100%理解できず苦労したこともありますが、そこまで英語漬けの生活でストレスを感じまくっていたという思い出はありません(卒業論文や修士論文を書いていた際は課題が多すぎてストレス!!という経験はしたのですが、、。日本の大学は入るのが大変、海外の大学は入ってからが大変、ということはよく言われますが、個人的にはまさしくその通りだと感じました。だからこそ肩書きではなく個々人のスキルを使って生きていく力が磨かれるのだと思います。)。

ですので今回は、私自身が小学生・中学生の頃にどのように英語に触れていて、「英語が好き!」と思うようになったのかを書けたらと思います。異なる言語に囲まれてずっと生活することにあまりストレスに感じないのも、英語が好きで、英語に慣れていたからかな、と思うからです。英語に対する感じ方や好き嫌いは人それぞれだと思うのですが、この記事の中にもし何か生徒さまにとって有益な情報があったら幸いです。

 

私が小さかった頃は、片田舎で育ったこともあり、英会話教室などは車で1時間ほど運転しないと通えず、学校の毎週1時間の授業でしか英語を学ぶ機会はありませんでした。

そんな中でも、今思うと一番幸運だったなぁと感じるのは、私が小学2年生から中学3年生の時まで近所に住んでいた、エクアドル人のフェルナンダと友達になってずっと遊んでいたことです。

フェルナンダのお姉さんは、私の故郷で結婚しその後ずっと住んでおられたのですが、 フェルナンダは彼女が10歳の時に「日本にいってみたい!!」と言って一人単身で幼少留学してきた超ツワモノです。とはいっても日本語の教育をエクアドルで行ってきた訳ではなく、日本に来た時はスペイン語と英語しか話せませんでした。

英語を習ったこともなかった私は最初は「Hi…」くらいしか声をかけられなかったのですが、近所で毎日顔をあわせていてフェルナンダが遊べる友達も少なかったこともあり、自然と仲良くなっていきました。

そんな中で私とフェルナンダの会話は、ちょっとだけ日本語、ちょっとだけ英語、そして本当にちょっとだけスペイン語という子供の会話にしてはなんともトンチンカンな言語の組み合わせでコミュニケーションをとっていました。

最終的には勉強熱心な彼女が日本語をすぐに飲み込んで、日本に住みはじめて3年後くらいには日常会話はぺらぺらになっていたため、私の彼女との会話も日本語が中心になっていきました。それでも彼女のおかげで外国語を「ただのコミュニケーションのツール」として、とりあえず相手の意思を理解してなんでも自分の言いたいことを伝えるもの、というスタンスで幼少期から受け止めることができていたと思います。

そして彼女と一緒に遊ぶ時はいつも英語の音楽がかかっていたり、映画を見る時は絶対に字幕で英語を聴きながら映像を見ていました(この映画を字幕でみるということについては後々別の記事で書かせていただきたいと思うのですが、日本語自体の速読練習にも、英語を脳内で自動的に英語で理解するというトレーニングにもなるのですごくオススメです!)。なので、特別な勉強をしていたというわけではなく、ただ英語が日常的にそこにあり、英語を使うことに慣れて抵抗感も感じていなかったというのが、私が中学生の時も高校生の時も英語がずっと好きで言われなくとも勉強していた理由だと思います。

わたしがオーストラリアの大学に通っていたときに、当時13歳だった従姉妹が遊びに来てくれたのですが、その時に私のオーストラリア人の友達と話をして、直接英語に触れたことで、「もっと話をしてみたい」というやる気に繋がったと話してくれました。彼女の一番得意な科目も英語で、それはただ彼女が英語を少し好きになって単語を毎日覚えたり、何と無く英語を日常に取り入れる努力をしていたからだと思います。

現在はますます英語塾やキッズ英会話も増えてきており、オンラインでの英会話レッスンを受ける機会もたくさんあります。Netflix などで英語の映画を見ることも簡単にできると思いますので、もしもお子様の英語力を鍛えたいと思われる親御さんがおられたら、ぜひ一週間に一度でも、継続して日常に英語を取り入れてあげることで、英語に対する違和感がなくなってくるのではないかなと思います。

 

最後までお読みいただき本当にありがとうございました。私のレッスンでは、英語のテストで早く問題を解くためのコツや検定対策はもちろん、英会話や英語力向上トレーニング、また海外留学・海外就職アドバイス等も行っておりますので、よかったらぜひ「講師ミヤチ」のプロフィールを覗いてみていただけると嬉しいです^^

 

それでは皆様も良い1日をお過ごしください!


ピックアップ記事

               オンライン家庭教師の「まなぶてらす」