講師ブログ

品詞って何???

Pocket

始めまして!!まなぶてらす講師のりゅうとです。

そろそろ新学期も始まるということで、本屋さんに行っても多くの人が学習参考書コーナーで参考書・問題集を見比べているのが目立ちますね。

さて今回のブログのタイトルが「品詞ってなに??」となっているように、今回はどうやったら品詞について理解する事が出来るのかについて書いていこうと思います。

まず最初に、品詞についてお話ししたいと思います。品詞を理解する事で曖昧になっていた知識がまとまるようになります。まず品詞には大きく分けると7種類あります。

①名詞:「もの」「こと」とかを表しますよね。例:リンゴ 駅 大阪などなど

この名詞という品詞は、「動詞」「目的語」になりますね。

②代名詞:代わる+名詞となってるように、名詞の代わりをしています。例:彼 あれ これ

③動詞:「動作」「状態」を表しますよね。例:遊ぶ 行く 住んでいる

④形容詞:名詞を説明します。「名詞を修飾をしたり」「名詞の状態を説明する補語にもなります」

例:「きれいな」絵 彼は「いい」先生です。

⑤副詞:結構「形容詞」と「副詞」がごちゃごちゃになってしまう生徒さんが多いのではないでしょうか。

副詞は「名詞以外!」を修飾します。なので、名詞を修飾することは無いです。

例:速く走る○→速く彼は× こんな感じで動詞とかを修飾します。

⑥前置詞:前置詞は、「名詞」の前に置かれます。例:東京駅「で」

⑦接続詞:接続詞は「単語と単語」もしくは、「文章と文章」を繋ぐ役割を果たしています。

例:彼と私 東京に行く「そして」野球をみる

 

①~⑦で説明をしました品詞は日本語を理解するうえでも、そして英語を理解する上でもとても大切になっていきます。しっかりと理解して自分のものにしていきましょう!


ピックアップ記事

               オンライン家庭教師の「まなぶてらす」