講師ブログ

我が子にそろばんを教えたいお母様へ

Pocket

こんにちは。
まなぶてらす、そろばん講師のさちこです。

「自分のお子様にそろばんを習わせてあげたい」
「でも遠くて通わせてあげられない」
「他の習い事で通う時間がない」

等の悩みを抱えたお母様がたくさんいらっしゃる事を知りました。
昔そろばんを習っていたというお母様が過半数でした。

「実際にお子様にそろばんを習わせてあげたい」
それならば、お母様が自分のお子様にそろばんを教えてみてはいかがでしょうか?

自分が教えても言うことを聞いてくれない等あると思いますが
ちょっとした工夫をするだけでとてもそろばんに興味を持ってくれると思います。

私には子供が3人おりますが3人にそろばんを教えています。
3人共年中から始めました。小学生からでも全く遅くありません。

まず1~10までの数字を書く所から始めます。
次に1~10までをそろばんに置くことを教えてあげます。

あとはしばらく 2+1や5+3など簡単に出来る計算を繰り返し練習します。
そしてここでとにかく出来たら褒めてあげます。

そろばんは基礎がとても大事なので途中で嫌になってしまうと元も子もありません。
ですので1日5分でもいいです。そろばんに触れることでどんどん数字に興味を持ち始めます。

慣れてきたら少しずつ繰り上がりの計算、繰り下がりの計算に入っていきましょう。

1のときは9、2のときは8など10になる数字を会話の中で取り入れていくと良いです。

りんごが2個あるよね!あと何個あれば10個になるかな~?と聞くと指で数えて
教えてくれるようになります。

お勧めしている教材は「パッチトレーニング1~6」。
または「ちびっこそろばん0から5まで」です。

特にお母様がそろばんを習っていた方でしたらお子様の能力を引き出せるチャンスです!

私の子供は4月から1年生になります。
そろばんは基礎をだいたい出来るようになり九九を覚えています。
なんと2の段は教えていないのに答えがすぐ出てきます。

暗算で二つずつ足しながら答えを出しています。
初めはそういった覚え方でも良いです!

例えば5の段。
5×1は5。5×2は10となります。

私はいつも時計を見てごらん!と言います。
長い針が1のときは5分だから5×1の答えは5になるね。
長い針が2の時は10分だから5×2の答えは10になるんだよと。

レッスンを受けているお子様方はみんな時計を思い浮かべながら答えを出しています。

嫌がらずに楽しく覚えるのも良いですね。
なるべく楽しめるよう教えてあげるのがコツだと感じています。

是非お子様にそろばんを教えてあげてみて下さい。


ピックアップ記事

               オンライン家庭教師の「まなぶてらす」