講師詳細

たたみ 先生のプロフィール

たたみ 先生
point:2,400pt
  • 出身地(出身国):島根県
  • 居住地(居住国):滋賀県
講師名 たたみ 先生
性別 女性
経歴 指導歴10年以上, 塾講師・家庭教師経験, 教員経験あり, 難関校合格実績あり(高校受験), 資格保持・受賞歴, メディア掲載・出演経験あり, 英語, 国語, 社会
指導可能分野 小学生の勉強(一般), 小学生の勉強(公立中高一貫校受検), 中学生の勉強(一般), 英会話, 作文・小論文講座, 初回レッスン無料, 高校生の勉強(大学受験)
自己紹介 はじめまして!「たたみ」と申します。妙な名前ですね。友人たちからは「たたみちゃん」と呼ばれています。この名前の由来は、、、いつかお教えしますね。自宅で塾をしているため、平日はあまり授業をお受けすることはできませんが、曜日によっては可能ですのでご相談くださいね。予約は必ず前日までにお願いいたします。

私は30年以上、サラリーマンや会社役員などしていましたが、まさか教育の仕事に関わろうとは夢にも思いませんでした。ところが41歳のある日、ひょんなことから「そうだ!大学で学びなおさないと!」と受験勉強を始め、一年後には晴れて「女子大生」となり、教育学を学ぶことになったのです。卒業後も事情があって元の仕事に戻りはしましたが、5年前に塾を始めるまで、空いた時間を利用して大手学習塾の講師や家庭講師をしていました。

専門は英語ですが、ここ数年は小学生の日本語指導に力を入れています。高校生たちの受験英語を指導していて、彼らが英語以前に日本語において、困難を抱えていることを示唆してくれたからです。大学受験ともなると英語の一文は4~5行にも及び、それを適切に訳出するには日本語の語彙量や読解力、パラグラフごとの要約力が必須です。自分の意見や考えを文章にする自由英作文でも、書くこと以前にまず日本語での思考の訓練が必要です。日本語を母語として育った日本人である以上、理論的思考は日本語でするからです。

小学生に限定している理由は、中学生・高校生になると定期テスト対策や模試、受験勉強に時間を取られ、日本語の基礎学習をしている余裕がないためです。塾内では、小学生が教育論など難しい内容の文章を読んだり、自分たちの意見文の内容を議論している横で、高校三年生が「あー、もっと国語しとくんだったー!」と嘆いている場面にしばしば遭遇します。

また、私はキャリアコンサルタントでもありますので、大学生さんや社会人のエントリーシートや履歴書の書き方、職業相談、面接指導などもさせていただいています。高校生の時に家庭教師をお引き受けした生徒さんとは、関西有名私大工学部合格後、さらに大学院進学後と8年にも及ぶお付き合いとなりました。もちろん、ご本人のたっての希望からでした。その間、私は一人の社会人として彼と向き合い、社会、経済、国際問題などについて様々な議論をしたり、英語でのプレゼン資料作成や、インターンシップ諸手続き、エントリーシート作成、面接指導もさせていただき、彼の念願だった某大手企業への就職を見届けて終了となりました。

他にも、生徒さんの保護者の方の資格取得のお手伝いや受験指導もさせていただいています。既にお二人の方が看護師を目指して、お子さんと机を並べて受験勉強を始められ、数カ月で看護学校合格を果たされました。お一人は既に国家資格を取得され、晴れて優秀な看護師さんとして働き始められました。

進路選択というと高校生や大学生になってからと考えがちですが、日本語教育同様、私は小学生のうちから将来を見据えた金銭教育やキャリア教育が必要と考えています。お金や金融、経済が自分の暮らしにどのようにかかわっているのか、などについて考え、経済的・社会的自立とも関連付けて勤労観・職業観について思考を深めていただきたいと考えています。つまり、なぜ勉強をしなければいけないのか、という根本的な問いかけ、思考をベースにした教科指導がなされるべきと考えるからです。誰かの手助けや叱咤激励で動く他律的学習は小学生のうちしか通用しません。学びは生涯にわたって必要ですので、以降は自ら学びにいく意志と姿勢が求められます。中学生、高校生ともなると「先生、なんで数学しなあかんの?二次関数が何で必要なん?」、「地質学者になるわけじゃないし、地学なんて要らんやん」と、鋭いところを突いてきます。自律的学習の芽生えですね。

私には趣味といえるほどのものはありませんが、旅行や読書、スポーツをすることが好きです。活字は中毒に近いかも知れません。スマホやパソコンには2,3日触れなくても平気ですが、身近に本や雑誌がないと落ち着かないので、車で外出する時もお風呂に入る時も必ず雑誌持参です。国内を旅行する時には、段ボールいっぱいの本を定宿に送り届け、そこでの読書三昧の日々を過ごすのが私の至福の時です。時には、あまりに部屋にこもり続ける私を心配?して、宿のオーナーご夫妻が日帰り旅行に連れ出してくださることもあります。往復の車中でも読書に没頭しているので、果たして「旅行」と言えるのか疑問ですね。海外へはバックパックにスニーカーで身軽に、そして国内と全く逆で、とにかく動きまわります。現地の日常を体験すべく、スーパーやマーケットで買い物をして自炊生活をしたり、移動の長距離バスや列車で様々な人々と友達になったり、時に詐欺師のごとき人たちと口論したりとエキサイティングな日々を楽しみます。

実は私、この10月からまたまた2年間の大学生活に入りました。通信制なので半分だけ大学生というところですね。日本語教師を目指しています。日系4世、5世の方々の受験勉強や、ビジネスマンの読み書きを専門にサポートをしたいと考えています。特に、ご両親が日系のお子さんは、受験期に国語だけでなく、理科や数学、社会でも読解・記述問題で困難に直面されます。また、海外の日系企業に勤務される現地採用の方々の日本語指導にも取り組みたいと考えています。

時には5教科の勉強を超えて、色々なことについてお話ししたいですね。学びは教科書やテキストだけからとは限りませんからね。
どうぞ、よろしくお願いいたします。
経歴・資格 病院医局勤務 5年
会計事務所勤務 8年
外資系メーカー勤務 7年
商社勤務 3年
IT企業勤務 7年 
通信制高校勤務 4年

資格:簿記検定2級、実務英語検定1級、TOEIC720、キャリアコンサルタント国家資格
事務局コメント わが子を教えてもらう先生を選ぶとしたら、人生経験が幅広く、信頼できる先生を選びたいもの。そんな保護者の願いを叶えてくれる先生が たたみ先生です。ご自身の教室も開業し、教育系のキャリアは15年。外資メーカーや商社、IT企業など様々な仕事を経験しています。そんな先生が情熱を持って指導を行うのが、日本語、つまり小学国語です。読解力、作文力、語彙力、要約力といった、これからの人生に必要となる基礎科目である国語を通して、子どもの考える力や論理的思考力、金銭教育、学ぶことの楽しさを伝えてくれます。海外赴任中の方にもオススメです。未来に残る学びをぜひ体験してください。
ホームページURL http://manabibapolepole.com/

たたみ 先生のクチコミ

  • キャリアデザインのレッスンを受講させてもらいました。このレッスンの中で、たたみ先生が話しておられた次の言葉がとても印象的でした。「偏差値の高い学校に入学すると、自分がいかに普通の人であるかに気付かされる。単にレベルが高いからというだけで受験校や入学を決めてしまうと、その中に入った時に自分が普通になったり下位になったりして、やる気や目標を見失ってしまう生徒が多い。」実例もいくつか挙げてくださったので、「自分が将来どうなりたいのか」それをまず第一に考え、そこから受験校を決めることの大切さが良く分かりました。人生の早い段階でたたみ先生の講義を聴くことが出来て、とても良かったと感じています。

たたみ 先生のスケジュール


先生のスケジュール(予約可能日時)は、会員にのみ公開しています。
スケジュールを確認したい方は、下記フォームから会員登録を行ってください(登録は無料です)。