講師ブログ

ゆるり勉強法「長時間ぐっすり睡眠をとる方が、勉強が100倍はかどる!」

Pocket

こんにちは!「自習コンサル」のみなみです。

勉強法のお悩みを聴いたり、生徒さんの勉強リズムの構築をお手伝い

「勉強のトレーナー」みたいなことをしています。

 

「ネットで自習室」も元気に運営中!(^^)

土曜日の日中に加えて、毎日平日夕方もオープンしましたよ~やるならいまだ!!

★ネットで自習室はコチラ・・・★
(会員にログインした状態でアクセスしてください)

 

 

ゆるり勉強法「睡眠時間をしっかり確保する」

 

もうテスト週間の方や、テスト真っ最中の方も多いのでは?

 

例えば、テストに向けて勉強するときに

「今日はここまでやらなくちゃ!」

と気合だけは十分!

 

だけど気が付いたら、

ウトウト・・・

なーんてことありますよね!

 

まだこれをやらなくちゃいけないのに、眠くなっちゃうよ!

そう叫びたい人もいますよね。

そんなときの対処法は・・・

 

 

さっさと寝ましょう

寝る。

しか。

ない!

(どーん)

 

眠い時は寝ていいんです。

というか寝るしかないんです。

 

早く寝て、早く起きて勉強をするように切り替える方がまだいいのです。

 

「よーし、じゃあ4時間だけ寝て、朝の3時から勉強だ!」

 

・・・ちがいます!

 

普段から睡眠は4時間ですか?違いますよね?

もっと寝ましょう!!

普段スッキリ起きられる時間が8時間なら、8時間しっかり寝ましょう。

はい、寝ていいのです。

 

睡眠リズムは大切

 

ショートスリーパーの人々(短時間睡眠でも、日常で高い成果を出せるタイプ)は別にして、

普段から7、8時間寝るタイプであれば、

テスト期間もそれぐらい確保できるように計画を立てること。

 

睡眠時間を削るというのは、大きなリスクです。

 

十分な睡眠がとれないと、集中力、思考力、そしてなにより、心のバランスがガタ落ちです。

寝ている間に知識も蓄積されるので、暗記力も落ちてしまいます。

 

そういえば、眠れなかった日の次の日って、無性にイライラしませんか?

イライラはするけど、眠ってない分、

研ぎ澄まされる神経もある(らしい)ですが、

これは大多数の方に(ましてや成長過程のお子さんに)お勧めできる方法ではないかな、と思います。

 

睡眠が学習に与える影響とは? 学習効率を高める眠り方

 

今は、各方面でいろんな睡眠に対する分析されて、

テレビにも特集されたりしますが、

やっぱり勉強するのに、寝るのは大事!

 

 

寝ることでの罪悪感

 

それでも。

自分ができてないことが多くて、焦っている時、

寝てはいけないのではないかという不安がありますよね

 

先日ある生徒さんに自習コンサルで一緒に

今後の計画表を検証中、

「こんなに寝て大丈夫なんでしょうか。」

とお母さま。

 

ハッ・・・

私も記憶にあります。その恐怖。

 

おそらく、現在の実力と志望校までの距離が遠くに感じられていれば感じられるほど、

「寝る」=「怠けている」のではないか

という不安。

それが、頭をもたげるのです。

「寝ないで勉強する」=ある種の美学だった時代があります。

今はそうでもないですが・・・

私自身も、はるか昔ですが、記憶にあります。

ボロボロだった学生現役時代。

でもどうしても憧れの私学の雄、早稲田大学に行きたくて、

寝ることが罪にしか感じられなかった。

 

合格体験記を読むと

「睡眠時間は4時間」

「寝る間も惜しんで一日15時間勉強」

そんなことが往々にしてありました。

寝ない=努力なのか?

 

言わせてください。

1日勉強15時間はさておき、

睡眠時間4時間などは、完全なるショートスリーパー体質がなせる業です。

もしくは完全な短期決戦中(数か月での)での話。

この辺は、鵜呑みにしちゃいかんのです。(本当のことを書いてるかも定かではない)

マジで体壊します!

 

でも切羽詰まっていた当時。不安でいっぱいでした。

そんなことを読むと、何が正しいか分からない。

深夜・・・眠くて勉強できない・・・つらい・・・でもやらなきゃ

そしていつのまにか机の上で、眠りに落ちる。

そして朝、気が付くと布団に移動していて、

体の節々が痛いのをこらえ、むりやり体を起こして学校へ。

 

いま考えると・・・

なーにやってたんだ、わたしは(´・ω・`)

 

 

結論:寝るのは正義です

 

例えば、

「寝る時間が惜しいくらいに夢中になってしまった」

「ものすごい集中力で寝るのも忘れた」

となれば、また話は別になるでしょう。

もちろん、寝ないで勉強した経験のある方、

そしてそれを大事にしている方を否定するわけではありません。

 

しかし、まだ体も心も成長途中の皆さん。

「睡眠時間を削る」というのはハイリスク(失敗する可能性が高い)方法を

取らなくていいし、できるだけ取ってほしくないのです。

試験まであと半年以上ある方。まだ時間はたっぷりあります。

今からの受験は長期決戦。体は資本です。

「もっと寝ていい!」と自分に言い聞かせましょう。

または誰かにいってもらいましょう。

え?誰もいってくれないって?

私がビデオで言って差し上げます。

 

「もっと寝ていいんだよ~(たっぷりと!!)」

 

もっと寝て、限られた時間の中で、計画を組むのです。

そして、

短い時間の中でスイスイと

知識と理解を吸収しまくり、

いかにハイパフォーマンスをたたき出すか!

ここに集中してください。

 

 

おまけ。昼間眠くなった時の短時間睡眠のオススメ。

 

この話もいろんなところでありますが、お昼の短時間睡眠(お昼寝)はオススメ。

昼間に超絶眠くなる時ありますよね。

 

とくにランチの後・・・

ねむー・・・

 

この時、5分~15分くらいの、短いお昼寝をしましょう。

机の上でも、ベットの上でもいいので。

タイマーをつけて、眠ってしてみましょう。

 

タイマーが鳴って、この起きるとき、目がしゅぱしゅぱして

めちゃくちゃツライんですけど、無理やり起きる。

 

そして作業を開始するとアラ不思議。

だんだん目がすごい勢いで冴えてきます。

 

騙されたと思って、ぜひ試してみて下さいね。

 

 

おわり。

 

 

カナダのバンクーバー在住の夢見る夢子です。

「自習コンサル」でひたすら悩みを聴いたり、勉強法などのお悩み解決しています。

やりたいことを「やりたいペースで」やるがモットー!


ピックアップ記事

               オンライン家庭教師の「まなぶてらす」