講師ブログ

瞬間英作文で英文法をマスターしよう!

Pocket

こんにちは!

サッカーコーチ&英語講師のTAKAYAです。

 

今回はタイトルにもある通り、「瞬間英作文で英文法をマスターしよう!」についてコラムを書いていきたいと思います。

 

英語学習をする上で極めて重要なポイントの1つが英文法です。しかし、文法が嫌いな人は多いですね…(私も中学生の時は文法の勉強が嫌いでした)

では、なぜ嫌いか?それは日本語と英語の文の構造が全く違うからです。

例えば、

私は 1つりんごを 食べます。は

I      an apple       eat        にはなりませんよね?

正しくは、 I eat an apple.になります。

 

日本語は

主語+~+動詞(述語)ですが、

英語は

主語+動詞+~が基本的な形になりますよね?

(これはあくまでも基本中の基本ですが。)

 

意外にこの構造がわかっていない人が多いです。わからないまま授業が進んでいくので、基本ベースがないまま新しいことを教えられることになります。

これでは授業していても理解できないし、何より楽しくないですよね?英語の授業は本来楽しいはずです。英語学習の重要ポイントである英文法をしっかり学ぶことは英語が楽しいと思える1つのきっかけになります。

もちろん受験においても、将来英語を話したいと思っている人にとってもメリットがあります。

 

だったら英文法勉強したらいいだけの話しじゃん!ってなりますよね?その通りです。

しかし、英文法の勉強は地道にコツコツやっていくのが基本です。これがまた大変で面倒くさいと感じる人が多いです。こういうときに、瞬間英作文を活用して楽しく且つ効率よく勉強していきましょう!

 

前回のコラムで「音読の重要性」というテーマで音読をすることでどのようなメリットがあるかを書きました。このコラムにも関連したことになるので、お時間がある時に是非読んで頂きたいと思います。

https://www.manatera.com/blog/?p=2011

 

①瞬間英作文のメリット

瞬間英作文の最大のメリットは「書く必要がない」ということです。

英語が苦手な人の特徴で、英語のスペルが書けないという人がいます。「英語が書けないから英語嫌い」「スペルミスをしたら嫌だから英作文は書かない」というもったいないことをする人が多くいるように感じます。

だったら書かずに勉強したらいいですよね?瞬間英作文は書かずに英文法や英作文を伸ばすことが出来ます!

 

※入試の問題によく英作文が出されます。最終的にはスペルミスがないように正しい英文法でテーマに沿った英作文を書けるようになることが受験合格のために必要になってきます。しかし、あくまでもそれは最終的な目標になります。(受験において)目標を達成する1つの手段として瞬間英作文が効果的であると考えて頂きたいです。

 

②瞬間英作文のやり方

では、実際に瞬間英作文のやり方を説明していきます。

例えば、現在進行形を習ったとします。

現在進行形の基本的な形は

主語+be動詞+-ing~

になります。

まずはこの文法をしっかり理解していきます。否定文や疑問文の作り方、ingの作り方やingに出来ない動詞など。この単元で出てくるポイントや注意点をしっかり押さえましょう!

 

それが出来たらいくつか例文と日本語訳を準備します。この例文は学校の教科書や塾の教科書など何でもいいです。例えば、

1:私は今、英語を勉強しているところです。

I am studying English now.

 

2:トムは今、ピアノを弾いています。

Tom is playing the piano now.

 

3:私は今、昼食を食べているところではありません。

I am not having lunch now.

 

4:あなたはパーティーを楽しんでいますか。

Are you enjoying the party?

 

5:あなたは今、何をしているところですか。

What are you doing now?

 

こんな感じです。10個くらい例文があればベストですが、なければ5個くらいでも問題ありません。

 

準備できたら、早速やっていきましょう。

①日本語を読んでから英語を読む(両方とも見ながら)

→①でしっかり音読が出来るようにしていきます。

 

②英語を読んでから日本語を読む(英語は見るが、日本語は見ない)

→ここで英語から日本語訳に出来るかを確認していきます。怪しい場合は①に戻る。

 

③日本語を読んでから英語を読む(日本語は見るが、英語は見ない)

→これが出来たら問題なし!この単元は完璧になるでしょう!

 

④英語を読んでから英語を読む(1回目は見るが、2回目は見ない)

→これは上級者編!英語を英語のまま理解できるかというトレーニングになります。

※④は出来る人のみで問題ありません。

 

①~④で共通して重要なのは「瞬間」に訳すということです。日本語を読んだらすぐに英語に訳すこと!時間がかかってしまっては「瞬間英作文」の意味がありません。すぐに訳すことが出来るまで、繰り返し音読をしていきましょう!

 

最初はスラスラ音読できなかったり、「瞬間」で訳すことが出来ないと思います。でも、何度も繰り返すうちに絶対に出来るようになります。前回のコラムの時にも書きましたが、毎日継続することが大切です。1日100回やるよりも1日10回を10日間続けた方が効果があります。諦めずに毎日継続していきましょう!

 

瞬間英作文はもちろん1人で出来ますが、2人以上でも出来る勉強方法です。私の塾講師時代の時に担当していた英語のクラスは、毎回の授業で瞬間英作文をしていました。テストの点数が上がったのはもちろんですが、何より子供たちが楽しそうに英語の授業を受けてくれました。私にとってとても嬉しい出来事だったことを今でも覚えています。

 

是非、皆様も瞬間英作文で英文法をマスターしてみてくださいね!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

TAKAYA

こんにちわ!TAKAYAです!

集団・個別塾で約7年間指導してきました。東京での指導経験もあります(中3の進路指導経験有り)。担当教科は英語・社会・国語になります。中学受験対策、高校受験対策をメインに指導することが可能です。また検定対策も行っております。


ピックアップ記事

               オンライン家庭教師の「まなぶてらす」