講師ブログ

【読解力で世界が変わる】読解力を身につけるための2つのポイント

はじめまして。まなぶてらす講師のたみです。

国語の勉強方法がわからないという意見をよく聞きます。

漢字や文法の勉強は教科書やワークでできるけど、
長文問題が解けるようになるための勉強法がなかなか見つからない・・・

 

そんな悩みをお持ちの方はぜひご覧ください。少しでもお力になれたらうれしいです。

 

まず読解力って何?

読解力とは一般的に、文章を読み解く能力のことを指しています。

 

しかし最近では、

ただ文章の意味を理解するだけではなく、

文章の内容に基づいて自分の意見を述べることや、

文章の背後にある考えを読み取る力も必要になってきています。

 

読解力のある人は受験にも勝利し、良い企業にも就職できるというデータもあります。
逆に読解力がないと将来仕事をAIにすべて奪われるとも言われています。それは大変です。

AI vs. 教科書が読めない子どもたち | 紀子, 新井 |本 | 通販 | Amazon

 

こう考えると読解力は絶対身につけたい能力だと思われませんか?

でもどうやって読解力を身につけるのでしょうか?・・・

 

大切なのはイメージすることです。

 

みなさんはテレビドラマを見ることがありますか?映画を見るのはお好きでしょうか?
わたしは大好きです!

 

スリリングなサスペンスドラマ
甘くせつない恋愛ドラマ
友情を描いた学園ドラマ
笑いが止まらないコメディードラマ

いろんなジャンルのドラマや映画がありますが、どれも練りに練られたストーリーがあります。

 

しかしドラマを見ていてストーリーがわからない?ということがありますか?

そんなことはありませんよね。

 

登場人物の性別、家族や友人との関係がわかります。

国語のテストで一番難しいとされている、登場人物の表情や感情さえもわかります。

 

どうしてなのでしょうか?

ドラマや映画ではわかるのに、国語のテストになると急にわからなくなる。

なぜでしょうか?どこに違いがあるのでしょうか?・・・・

 

キーワードは音声映像

 

テレビドラマは俳優や女優が迫真の演技で登場人物のすべてを生き生きと表現します。
いろんな役を演じ分けられる俳優はホントにすごいですよね。

その俳優の顔の表情や身振りや手ぶり、声の大きさや声のトーンなどで、

今その人が怒っているのか笑っているのか、喜んでいるのか悲しんでいるのかが一発でわかります。

 

しかし文章だけになると、途端にわからなくなってしまいます。

登場人物の性別すら後半までわからなかったなんてこともありえます。これはわたしだけでしょうか・・・

 

ではどうすればいいんでしょうか?

 

つまり、文章に音声や映像を自分で付け加えることができれば、読み取ることができるということです。

平面上にある文章を音声と映像で立体化することができれば、文章の全体像をつかみ、

登場人物の気持ちや人間性を理解することができるんです。

 

学校の国語の授業で先生が感情をこめて文章を生き生きと呼んでくれた時に、
涙が流れたという経験はありませんか?

授業中に泣くと恥ずかしいのでグッと堪えていたかもしれませんが。

 

でもこれは一人だと最初はなかなか難しいんですよね。ぜひそのお手伝いをさせてください。

一緒に楽しく文章を読みましょう。

情景を一緒に思い描きましょう。

 

ABOUT ME
たみ
まなぶてらす現代文講師のたみです。 毎日当たり前にしゃべっている言語なのに、どうして国語のテストってこんなに難しいんだろう?わたしも中学生の時に同じ疑問を持っていました。実はわたし、中学1,2年では国語の点数が5教科の中で1番低かったんです。でも中学3年生から少しずつ点数が上がっていき、今では得意教科になりました。 国語の力が身につくとほかの教科の点数も確実に上がります。一緒に国語の力を身につけましょう!