まなぶてらす活用法

英語スピーキング対策特集!英検の二次対策・英語面接・英会話力アップにも!

こんにちは!

メルマガ担当のもたいえみです。

 

私の住むカナダの街には

暖かい飲み物が身に沁みる

季節が到来しました。

 

日本でもどうやら

早く冬が来たとのことですが、

みなさま元気でお過ごししょうか?

 

 

さてさて、

今回のメルマガテーマは

 

「 英語スピーキング特集」

 

です。

 

11月の英検二次試験など

英語面接を直前に控えている方や

もっと上手に英語を話せるように

なりたい方必見です!

後半のコラム

[コラム]英語の「話す・聞く」を練習をする意味って?

にもご注目!

 

ぜひ最後までお付き合いくださいね。

 

ーーーー

 

11月に入り、

英検2次試験の英語面接を

間近に控えている方も

たくさんいらっしゃるのでは

ないでしょうか?

 

慣れている筆記試験とは

少し形式が異なるため、

対策に悩みがちな試験ですよね。

 

ということで今回は、

英検2次試験でも使える

「英語面接対策のコツ」や

関連レッスンをご紹介します。

 

 

・・・・・・・・・・・・

  ◆ 出題傾向を知ろう ◆

・・・・・・・・・・・・

 

英語のスピーキング試験も

筆記の試験と同様、

しっかりと出題傾向を掴むことが

高得点への近道です。

 

まずは、

過去問やその解説を見て

抑えるべき文法や

単語を確認しましょう。

 

例:

・英検準2級では

「現在進行形」を使って

答える問題がよく出題される。

 

・英検3級では

“What kind of 〇〇” の形で

質問されることが多い。

 

・英検2級では

身の回りのものの単語を

たくさん知っている必要がある。

 

・・・などなど。

 

一人で行うのが難しい場合は、

英検対策を提供している先生に

コツを教えてもらうのもオススメです。

 

【 関連レッスン 】

・3級〜準1級の英検2次対策(ふみ先生)

指導人数800人以上の英語講師と

楽しく面接練習ができるレッスン。

英文記事を一緒に読んで

ディスカッションをする講座も提供中!

対象は中学生以上。

 

 

・・・・・・・・・・・・

  ◆ 繰り返し練習しよう ◆

・・・・・・・・・・・・

 

出題傾向を把握し

必要な単語や文法を抑えたら、

【自信が持てるまで】

練習しましょう。

 

楽器やスポーツの練習と同じで、

「理解しているのにできない!!」

ということが

たくさん起こるのがスピーキング。

 

例えば、

”Why”ではじまる文章で問われた時は、

反射的に ”Because 〜” と

答えられるようになるまで練習したり

 

よく出題されるトピックに関する単語は

頑張って思い出さなくても

すぐに言えるようになるなど

 

身体が覚えるまで練習すると、

本番緊張しても練習通りに

話すことができるはずです。

 

楽器の発表会や

スポーツの大会と同じですね!

 

 

【 関連レッスン 】

・3級〜2級の英検2次対策(クリスティー先生)

スピーキングの型を覚えてから、

それが身につくまでじっくり練習するレッスン。

全学年・保護者が対象。

 

・幼稚園年長〜対応!英検対策(ハヤシ先生)

英検2次試験を含め、様々な面接指導経験のある

講師によるレッスン♪

 

 

・・・・・・・・・・・・・

  ◆ 積極的な態度で臨もう ◆

・・・・・・・・・・・・・

 

英検2次試験を含め、

英語面接では

「コミュニケーションを取ろうとする態度」

も評価されることが多いとのこと。

 

例えば、

・最初と最後の挨拶

・面接官の目を見て話す

・積極的な態度

などが評価対象だそうです。

 

傾向を把握し、

出題内容をたくさん練習して

このような振る舞いも身につけば

準備はバッチリです◎

 

最終確認として

試験の直前に

英検2次対策を提供している講師と

単発レッスンで模擬面接して

アドバイスをもらうのも

とてもオススメです♪

 

↓↓講師検索ページから「英検対策 2次」で検索↓↓

kensaku1105.png

 

 

[コラム]英語の「話す・聞く」を練習をする意味って?
—————————————————————————————

 

世の中の流れ的にも、

英語を「話す・聞く」というスキルが

段々と重要さを増してきた今日この頃。

 

とはいえ、

 

「 日本にずっと住む可能性が高いのに

英語を話したり聞いたりするスキルって

実際にどれくらい役立つのだろう? 」

 

という疑問も

同時に浮かんでくると思います。

 

私自身、18歳で

はじめて英語を話してから

約6年間経つのですが、

英語の「話す・聞く」ができる利点を

ようやく感じてきたところです。

 

英語の『話す・聞く』を練習すると、

次の3つの利点があると考えています。

 

■「読み書き」も上手になる

■ 学びの選択肢が広がる

■ 意見を上手に伝える練習になる

 

では、

それぞれ詳しく見ていきましょう!

 

 

 

■ 利点1. 「読み書き」も上手になる
————————————————————

 

実際に日常で使ってみると

理解が深まる文法って

案外たくさんあります。

 

例えば、

中学生が躓きやすい文法

「 関係代名詞 」

 

ただ紙面で勉強すると

複雑で難しくなりがちなのですが

 

実際に生活の中で

1度でも使ってみると

意外と簡単に使い方のコツを

掴むことができます。

 

このような

体感を積み重ねていけると、

定期テストや入試の英語も

「なんとなくわかる」

ものが増えていきますし、

 

何より英語の勉強が

より現実味を帯びてきて

楽しくなるはずです。

 

 

【関連レッスン】

・中高生向け英語/英会話レッスン(Riko先生)

英語が苦手だけど、挑戦してみたい…!!

という生徒さんを優しくじっくりサポートする

海外大卒のRiko先生によるレッスン。

 

 

■ 利点2. 学びの選択肢が広がる
——————————————————

 

英語の無料教育コンテンツは

数が多く、クオリティーも

とても高いです。

(参考:CrashCourse

 

小学生〜学部のレベルであれば

大抵の分野では

専門家の授業に

本格的な編集が施されたものが

配信されています。

 

さらに、

通信制教育の選択肢もかなり広く、

学校に通わなくても

費用を抑えながら

大学や大学院を卒業できます。

 

英語の「話す・聞く」が

ある程度できると、

このような教育にも

手が届くようになり、

学びの選択肢が広がります。

 

「勉強をもっと頑張りたいけど

環境や状況的に難しい…」

 

という方は、

英語での選択肢も

ぜひチェックしてみてくださいね。

 

 

【関連レッスン】

・幼児〜小学生向け英会話(しえな先生)

遊び感覚で楽しく学べるレッスン。

語彙や文法を楽しく覚えたい方にオススメです!

 

 

■ 利点3. 意見を上手に伝える練習になる
——————————————————————

 

英語を話すときは

 

「自分の意見を誰にでもわかりやすく、

誰も傷付けずに丁寧に伝える。」

 

という力が求められます。

 

英語の言語そのものが

「自分の考え」を持っていないと

話せないような仕組みである上に、

多様なバックグラウンドを持つ人が

話す言語であるからです。

 

なので、

英語を話したり聞いたりする

練習をしていると

自然とその力がついてきます。

 

「自分の意見を伝えるのが苦手だけど、

練習の仕方がわからない…」

 

という方にも英語の「話す・聞く」

の練習はとてもオススメです。

 

【関連レッスン】

・スピーキング力を高める英語レッスン(ライアン先生)

英語を話せるようになりたい方必見!

興味のあるトピックで英語を使う練習ができます。

講師はカナダの大学に在籍中。

 

 

・・・

 

いかがでしたでしょうか?

 

英語の「話す・聞く」に

興味を持ってくださった方や

一度試してみたい!と

思ってくださった方はぜひ、

まなぶてらすの英会話講師

チェックしてみてくださいね♪

 

====

 

最後までご覧いただきありがとうございました!

引き続き まなぶてらすを
よろしくお願いいたします。

 

もたいえみ

 

 

 

ABOUT ME
オンライン家庭教師「まなぶてらす」
小・中・高校生のためのオンライン家庭教師サービス。授業はすべて対面式のマンツーマン。<指導科目> 5教科、中学受験、高校受験、大学受験、そろばん、プログラミング、英会話、理科実験、ピアノ、将棋、作文など。まなぶてらすのホームページ