教育コラム

はじめてのブックレビューを書こう② もっとカッコいいレビューにアレンジしよう!

Pocket

こんにちは!

ブックレビュー案内人のみなみです(^^)

 

++++

8月7日〜受付スタート!

まなぶてらす ブックレビューコンテストの概要はこちら!

 

+++

 

 

みなさん前回の

<きほんのきほん編>

読んだかな??

 

前回をまだ読んでいない方はこちら!

 

はじめてのブックレビューを書こう!①だれでも書きはじめられる、たった3つのポイント

 

===

 

あの後

見本をみていただいて

「すてきなレビューだ!」

「わかりやすいレビューだ!」と

ほめてもらったんだが・・・

 

この

案内人みなみからみると・・・

まだまだ、よくなる・・・!(ゴゴゴゴ!)

 

この基本形に

もっと「あそび」をもたせたい。

 

基本の①、②、③からアレンジをしてみよう!

 

きほんのきほん

①本についてカンタンに説明する

②本のとくにすきな点を説明する

③読んで欲しい人を意識して、文をしめる

さて実際にアレンジをしてみよう!

 

①最初の一文に インパクトを!

 

レビューは

「最初の一文」が

とにかく大事。

 

その一文で、

このレビューを

最後まで読みたい!と

と思わせないといけない…

 

基本の①、②、③を

②、①、③に組み替え、

少しだけ最初の一文を変えてみた。

 

これだけで、

結構見え方がかわるぞ!

 

<書き出しを会話文からはじめる>

 

※前回の「キッチン」(吉本ばなな)をアレンジ!

 

<アレンジ前>

↓↓↓アレンジ後

「神様、どうか生きていけますように。」「何度も苦しみ何度でもカムバックする。負けはしない。力は抜かない。」この小説で印象的だったのは、小説に散りばめられた彼女の心の声。ささやかだけど、グッと心にしみるのだ。ときに自分に言い聞かせるように、ときにまるで他人ごとのように冷静に。彼女は、自分自身の小さな心の動き・変化も見逃さず、一つ一つに逃げずに向き合っていく。

「キッチン」は、1987年に発表された短編小説。たった一人の家族だったおばあちゃんを病気で亡くし、ひとりぼっちになった大学生のみかげ。そんな彼女が、縁あって(ちょっと変わった)親子と出会い、ふしぎな共同生活をはじめる。かれらと暮らす中、彼女は「生きること」「死」について向き合い、だんだんと生きる希望を取り戻していく。

大切な人との死や別れに苦しんでる人に、とくにおすすめ。自分の気持ちを代わりに説明してくれて、読むと重い心がちょっとラクになる小説だ。

 

 

====

 

どうだろう?

ちょっと見え方が変わったのが

伝わるだろうか?

 

他にも

「◯◯の魅力とはなんだろうか?」

「一番の注目ポイントはどこか?」

など、疑問文(ぎもんぶん)で

書き始めるのもいいね!

 

 

 

②カッコいい言葉を発掘しよう!(類語検索)

 

 

  • 「感動した」
  • 「たのしかった」
  • 「おもしろかった」

 

もしかして…

もしかすると…

 

きみの感想文では

この言葉が渋滞していないか…?

(ドキッ)

 

このよくありそ〜な言葉たち

できるだけ使わないようにすること!

 

それも

かっこいいレビューへの

第一歩だ。

 

とっておきの方法を伝授しよう・・

 

「類語(るいご)検索!」

 

類語とは、「意味が似ている言葉」という意味だ。

 

やり方はカンタン

たとえば「感動 類語」で検索すると…

 

引用元:https://thesaurus.weblio.jp/content/%E6%84%9F%E5%8B%95%E3%81%99%E3%82%8B

 

ギャー😱

感動を伝えるだけなのに、

こんなにもたくさんの言葉が…!

 

「シビレる」

「胸が熱くなる」

「心が揺さぶられる」

 

こういった言葉を

ヒラメくことはなかなか難しい。

 

お気に入りの言葉を見つけて

自分の文章を もっとステキに仕上げよう!

 

 

③ほかの人のレビューをみてみよう!

 

ぜひ

ほかの人のレビューを読んでみよう!

 

「え?そんなことしていいの?」

「ズルじゃない?」

 

いえいえ

他の人のレビューを読むことは大事!

 

「カッコいい言葉・表現を使ってみたい」

そんな気持ちで

文章をたくさん読むと

きみの頭の中のボキャブラリーがグッと増える!

 

作品の新たな魅力の発見もあるし

「そんな表現の仕方もあるのか!」と

 

実は案内人のわたしも

見本のレビューを書くまえに

他の人のレビューをいくつか読んだ

(ここだけのヒミツよ…)

 

「作品名 レビュー」で検索すると

たくさんのレビューがでてくる。

 

Amazon、楽天などのブックレビュー、

またSNSの投稿も参考になるぞ!

 

+++

 

 

NARUTO―ナルト―のレビューと感想

↑「長編マンガ」のまとめかたとして

とっても参考になるレビューが多かった!

 

https://www.instagram.com/p/CRekqqTjS2-/?utm_source=ig_web_copy_link

 

まだまだたくさん

参考になりそうなレビューが

発見できそうだ!

 

<他の人のレビューを参考にする上で注意>

 

またまた

マナー的な話で申し訳ないが…!

 

他の人が書いた文章の

「一文」または「段落」「文章」ごとを

まるまるコピーするのは

絶対ダメだ!

 

それは

「盗用(とうよう)」といって

レビューだけでなく

文章づくりでは

絶対してはいけないことになっている。

いわゆる「パクり」ってやつだ。

 

あくまで

「自分が表現したいものを書くための参考」という

姿勢を忘れないようにしよう。

 

とはいうものの

「参考」と「盗用」の違いは

かなりシンチョーな見極めが必要で

大人でも少々ムズカシイ…

 

ちょっとでも迷った時は

ぜひ信頼(しんらい)できる

国語の先生にも相談しながら

つくってみよう!

 

+++

 

どうだろうか?

きっと君の文章も

ちょっとしたアレンジで

 

もっともっとドラマチックで

心震わせるようなステキな文章になるはずだ!

 

次回は、

こちらのまとめ編

「これに書くだけ!ブックレビューワークシート」

を作って発表しています!

 

シリーズ最終回!

「はじめてのブックレビュー」講座 その③はこちら

はじめてのブックレビューを書こう③ 書き込むだけ!ワークシート付き・サポート

 

今回のコンテストの概要はこちら!

【夏休み特別企画】 ブックレビューコンテスト開催します! 〜あなたの推し本 400字で教えてください〜

 

読書がもっと好きになる

そんな夏になりますように!

 

ブックレビュー案内人 みなみ


ピックアップ記事

               オンライン家庭教師の「まなぶてらす」