ママブログ

図形が苦手にならなかった理由

Pocket

こんにちは、ようたママです。

久しぶりのブログになりましたが、ようたも私も元気に過ごしております!
まなぶてらすでのレッスンも、ずっと継続しております。
(放課後のサッカーの活動が増え、なかなか投稿できずにおりました)

あっという間に、もう5年生も半分が終わってしまう時期となりました。

さて今回は
4年生の終わり頃に学んだ「直方体と立方体」での出来事を通して
「基礎」つまり「学びの導入」って大事だな、と強く感じた事をお伝えしたいと思います。


「算数、つまんない」からの「算数、得意だし」まで

4年生の秋ごろから、「算数」の理解が怪しくなってきた、ようた君。
家庭学習(通信教育のタブレット学習)だけでは、いまひとつ理解が出来ない単元が多くなっていました。

わからない

つまらない

出来ない

苦手だ、嫌いだ、おれはダメだ

の流れが出来始めていたので
その頃から、まなぶてらすで「算数」の授業を受けることに。

体験レッスンを受けて、ようたが自然体で勉強できそうな先生に、お願いすることになりました。

「算数をやるの?」と最初は不安そうなようたも
優しく丁寧なご指導のおかげで、前向きに学び、自信を取り戻し
苦手意識から「算数、面白い」という発想に変わっていきました。
(注:だからと言って、優秀な成績を治めるまでは至っていません)


就学前からのおもちゃが大活躍

4年生の冬、「図形」を学ぶときの出来事です。

先生から事前に、「図形は4年生の重要ポイントのひとつです。楽しく学べるように進めますね♪」とメッセージがありました。

苦手意識を持たないと良いな、ようたが楽しく図形を学ぶには。。。と私なりに考え
思いついたのが、おもちゃ箱で眠っていたブロックのおもちゃ達。

小学校入学前から慣れ親しんだ、「LEGOブロック」や「マグフォーマー」を持ち出して
まなぶてらすの授業で、使わせていただいたところ、大成功!

当日、事前にお伝えする間も無く
結果として勝手に用意したものだったのにも関わらず、先生は画面越しに色々とご活用くださいました。
「それとそれをつなげてみて」「赤と青をくっつけみて」などなど。

ようたの頭の中と目の前で
教科書に書かれている「平面の図形」が「本物の立体」となり
とてもイメージしやすくなったようです。

まず感じたこと。
「通塾」では、こんな経験はできないだろうな、と思います。

慣れ親しんだモノを通して、先生がアドリブでご対応くださるあたり、経験豊富なまなぶてらすの先生方だからこそだろうな、と思いました。

勉強が楽しくなってきたようたは、マグフォーマーで次々に色々な形を作っては
「この形の名前は何と言うのですか?」と、質問攻めです。

先生も、「それは正四面体だねぇ」「そうなると、正多面体だね」などなど、楽しくお答えくださり、ようた君は、図形について興味が深まっていきました。

「球体って、見た事があります!お台場にあるフジテレビに、おおきな球体がありました!」なんて会話まで飛び出しました。

・・・・・

この様子を見ていて思ったこと。

4年生の算数では、範囲の「直方体と立方体」しか学びませんので
それだけを教わることが多いと思います。

けれどもようたのように、「じゃあ、ちょっと違うこの図形は何て言うんだろう?」と、興味を持ったときに、気軽に聞けて、すぐに正しい知識を知ることが出来たら、図形そのものへの興味が一気に広がりますよね。
自然な先取り勉強、とでも言うのでしょうか。。。

「おれ、 図形の勉強、けっこう得意かも」の一言が聞けた時は、びっくり。

5年生の今、例えば三角形の面積を求めるときに、最後の「÷2」を未だに忘れてしまったりしていますが(汗)図形そのものへの苦手意識は持っていないようです。


LEGOで球体作り。大事な「基礎」のお話し

少しお話しが逸れますが、ある日のこと。

何気なくネットで見つけたのですが
あるメーカーのショールームで、「東大レゴ部」のお兄さん達と、LEGOブロックで「球体」を作るイベントがあり、参加してまいりました!

出来た作品が、こちら!

ようたはもともと、LEGOブロックが大好き。
今でも、休日の時間があるときにはブロックで戦闘機らしきものや、戦艦らしきものを組み立てています。
でも、完成品が分かっているキットを組み立てる以外は、思い思いに作ることが多く、しっかり考えて作ることは少ない。

このイベントには、3人の部員のお兄さんがいらっしゃいました。

イベントも終わりに近づき、お兄さん達からのメッセージがありました。
「勉強もLEGOも一緒。
基礎ができていないと、目指したモノと似た形が出来ても、崩れやすかったり、実際に完成しない。
基礎をしっかり理解することは大事なので、そこを頑張って欲しいです。」

自然と、同席していた保護者達から拍手が起こりました。

・・・・・

基礎を理解するのに
その学年の範囲だけを教わるのではなく、その単元のおおまかな全体感や、「日常のこんな事と関係している」といった世界観を教えていただけると、子どもは興味が広がるようです。

本来の指導内容から外れて脱線し、時間もギリギリになってしまう事もあるのですが、お世話になっているまなぶてらすの先生は、ようたの素朴な質問に真摯に対応していただいています。

おかげさまで、算数に苦手意識を持つことなく、むしろ開眼し
(注:だからと言って、優秀な成績を・・・汗)
夏休みには、映画「アルキメデスの大戦」を観たいと言い出し
「おれ、将来は数学者になろうかな」とまで言いだしました。母、楽しみ。

★ようたママのつぶやき★

今回のエピソードで登場している算数の先生との出会いで、ようたの「算数」への関わり方は変わりました。
5年生の今も、(算数マニアのお友達にはかなわないけれど)クラスで劣等感は感じていないし、自信を持って授業に参加しています。先日も、まなぶてらすの先生から「きちんと説明できるのは、学校の授業を一生懸命聞いている証拠だね」と言っていただけて、とても嬉しそうでした。
お断りしておきますが、それまでのようたは、算数に対して劣等感だらけ、はっきり言って嫌い、でした。
(ちなみに私は算数が好きなので、なぜ嫌いなのか分からなかった)

多くの素晴らしい先生方の中から、ぜひ、お子様との相性の良い先生に出逢えますように。


ピックアップ記事

               オンライン家庭教師の「まなぶてらす」