講師ブログ

【英単語暗記】当たり前のようでみんなやっていない、英単語の覚え方の3ステップ

Pocket

こんにちは!

まなぶてらす講師のみなみです。

 

普段は

「一緒に覚える暗記レッスン」で

英単語や社会の用語など

その場で生徒さんと一緒に覚えることで

効率の良い暗記・復習方法を体感してもらっています。

 

今回は英単語について。

 

小テストの対策などで単語を覚える!となると

いきなりスペル(つづり)を

ノートに書きまくる子がよくいますね。。

 

もちろん、小テストとなれば、

英語の書き取りが主になると思うのですが

 

私はむしろ逆に

「できるだけノートを使わないで覚えよう」

とよく言います!

 

今回は私が考える

「効率のいい”英単語”の覚え方」を

紹介したいと思います。

 

基本は3つのステップ

 

基本の3つのステップです

 

①意味を覚える

②読み方を覚える

③スペルを覚える

 

例えば

 

improve 「ーを改善する」

 

という単語を覚えたいとします。

 

①英単語の意味を覚える

 

まずは①意味を覚えますね。

 

「improve」

という単語をみたら

 

「ーを改善する」

と、出るようにします。

 

②英単語の読み方を覚える

 

この②を飛ばしがちですが、

これこそが一番大事なところです!

 

やる、やらないとで

今後のリスニングの得点はもちろん

何より単語を覚えるスピードが

圧倒的に早くなります。

 

improve「インプルーヴ」

 

※本来カタカナ表記はよくありませんが

 便宜上今回は使用します。

 

音をそれぞれ解説すると・・・

 

imのm の音ではしっかり唇をくっつけ、

proの時の「p」と「r」の音を注意して。

最後の「v」の音は、下唇を上の前歯で軽く添えて、

下唇を震わせるようにして「ヴ」と発音。

 

結構細かいですよね・・・

 

これを確実に行うと

スペル(つづり)も

スムーズに覚えられるようになります。

 

++++++++++++++++

 

わたしは、英語学習者の方には

発音の基本となる「フォニックス」の習得を

おすすめしています。

 

アルファベットには

発音の規則性があります。

 

講師検索画面でフリーワードに

「フォニックス」と入れて検索すると

フォニックスを学べる講師がわかります。

 

++++++++++++++++

 

③英単語のスペル(つづり)を覚える

 

ここでようやく、

③スペル(つづり)を覚えます

 

スペルはいきなりノートに書きません。

 

最初はしっかり文字をみます。

その後、

クイズ方式で単語数個ずつ

一気に書き取りチェックをします。

 

詳しくはまなぶてらす代表坂本が提案する

「見るだけ暗記法」を参考にしてみてください。

 

「見るだけ暗記法」小中学生のための暗記術(漢字・英単語・理科・社会に応用可)

https://plaza.rakuten.co.jp/kikuji/diary/201206120000/

 

この時、②が正確にできていると、

音と文字の組み合わせを理解できているので、

スペルも早く覚えられるようになります。

 

終わりに

 

いかがでしたか?

 

いきなり英単語のスペルを

覚え始めるのは

苦行以外の何者でもありません。。

 

段階を追って行くほうが

早く、そして長期にわたって覚えられるようになります。

 

ぜひみなさんも試してみてくださいね!

 

みなみ


ピックアップ記事

               オンライン家庭教師の「まなぶてらす」