講師ブログ

【教育エッセイ】一人で「社会」を学ぶってなかなか困難極まりないですよね

Pocket

こんにちは!

講師のみなみです。

 

「一緒に覚える!暗記レッスン」を展開しています。

 

今日は社会の暗記について思うこと。

エッセイ風で書き留めました。

 

+++

 

https://twitter.com/superchill618/status/1403542158699765761?s=20

 

社会。

 

平均的な小中高生にとって、

社会という教科を一人で学ぶのは、

かなりしんどいと思います。

 

教科書に並ぶ文字が、

暗号にしか見えません・・・

 

つまらない以外の感想が出てこないのです・・・

 

覚えろって言われるから、

覚えるけどさ・・・が本音だったでしょうね。

 

そしてあれから数十年。

社会経験を積んだ今地理の教科書を読むと、

 

その無機質な文字の後ろに走る

 

ー政治ストーリー

ー経済のジレンマ

ーそこに住む人々の知恵・工夫・努力・・・

 

ブワーーーーっと想像が広がるわけです。

ドキドキ・感動すら覚えます。

 

マクロの情報から

その時代・その土地の

人間の生業・生き様が見えるのです。

+++

 

ただ、

学校というスモールな世界で生きていく彼ら

社会経験を積んでいない彼らにとって

 

遠い昔のことを学んだり、

地球の裏に住む人々の暮らしや営みなど、

どうでもいいですよね。

興味をもとうとする方が無理かも。

 

彼らの「リアル」からは

程遠すぎて、全く内容が入ってこないんですよね。

 

かといって

社会という科目を

人生から切り離すこと、

少なくとも学生時代は、無理。

 

(社会を全然知らなくても、もちろん生きてはいけますが)

 

++++

 

どうせやんないといけないなら、

できるだけ楽しくやろう。

 

それがワタシのスタンスです。

 

社会用語の裏にある、

ワクワクドキドキのストーリーを伝えるのが

講師の仕事だと思っています。

 

インダス文明、

それをボコボコにした

アーリア人の侵攻。

 

(実生活だと何が近いかな?)

 

自分の部屋に

突然ドアをバーンと開け、

秩序をかき乱しにくる

兄弟・姉妹?

(俺のマンガ、勝手に読むなよ!)

 

そうそう。

日本にも文字が

存在しない時代がありました。

(言葉はあったけど)

 

文字というものが存在しないとしたら

どうやって情報を伝えるか?

 

口頭伝承のリアルを

一緒に考えてみたり。

 

できるだけ、

彼らの感覚・感性に訴えかけるような

そんなレッスンを心がけてます。

 

暗記!暗記!

とワタシは言いますが

 

結局は、用語の裏にあるストーリーをしり、

白黒のおぼろげな記憶じゃなく

しっかり「色」を塗っていくことをしない限りは

暗記も復習もできないのですよね。

 

そんなことを日々感じながら

レッスンをしています。。

 

+++

 

歴史・地理・公民。

 

Youtube。

ぜひ活用してください。

 

Youtubeはハマると恐ろしい沼ですが・・・

 

これを使いこなせないことは

単純に損でしかない・・・

 

日本史・世界史など苦戦する

中高生には、

中田敦彦さんの動画

すごくオススメです

 

 

 

ではレッスンで会いましょう!

 

みなみ


ピックアップ記事

               オンライン家庭教師の「まなぶてらす」