講師ブログ

夏休み自由研究の親子会議

Pocket

こんにちは。

実験が大好き、まなぶてらす講師のまさみです。

夏休みまで、後1カ月ほどとなりました。

ついこの前、新学年が始まったと思っていましたが早いものです。

 

夏休みといえば、子どもたちにとって楽しみであることは間違いないのですが、宿題もたくさん出ますよね。中でも、お母さんの頭を悩ませる課題が自由研究ではないでしょうか。

自由研究は、工作、調べ学習、旅行記作成、実験研究など、お子さんの興味のあることにじっくり取り組むことが重要です。

今回は、理科実験の自由研究(以下、自由研究と略します。)についておおまかな計画の立て方について紹介したいと思います。

 

ざっくり書いてしまうと、

自由研究はテーマが決まれば半分完成したようなものです。

次に、そのテーマが実験可能かどうかを考えます。

ここで7割完成

後は、実験して、結果をまとめて、考察するだけです。

 

まず、テーマを決めましょう。

夏休み終盤に慌てて自由研究に取りかかると、どうしてもテーマ決めがおろそかになります。

インターネットを調べれば、たくさんの自由研究のテーマが出てきます。これらの実験に取り組むことも決して悪いことではありません。しかし、結果がわかっている実験であり、子どもたちにとっては、おもしろさに欠けるかもしれません。

 

私のブログを読んでいただいた皆さんには、ぜひテーマ決めにしっかり取り組んで欲しいと思います。

 

今からの1カ月で2,3個テーマを考えてみましょう。

どのようにテーマを決めるか?

それは、お子さんの興味のあることから探していきます。

お子さんが何か不思議に思っていることがあれば、それで決まりです!

 

しかし、実験不可能な場合もありますので、3つくらいテーマを考えます。

以前、まなぶてらすで自由研究に取り組んだ野球部の男子中学生は、

野球しか興味がない!

というので、ユニフォームの泥汚れがよく取れる方法を探してみよう、とテーマにしました。

インターネットで探すのではなく、自分でオリジナルのテーマを考えると、結果は誰にもわからないので、自然に予想も考えますし実験もわくわく楽しみになります。その後の考察もやりやすくなります。

 

次に、そのテーマが実験可能か考えてみましょう。

実験可能か?とは、

材料がそろうか

危険ではないか

実験期間が夏休み中に終わるか

ということです。

 

例えば、ホタルが光る仕組みを調べてみようと思うと、実験的にはおもしろいテーマですが試薬がとても高価です。自由研究には適しません。

実験が危険でないことは、本当に大切なことです。

洗剤に、「混ぜるな危険!!」の注意書きがあるように、洗剤ですら混ぜると危険なことが起きるのです。

火を使う、ガスを発生させる、圧力をかける、など危険と思われることは避けてください。

また、1年間を通して観察するという視点も大事ではありますが、夏休み中で結果を出してまとめるためには、実験期間も夏休み中で終わるようにしなければなりません。

しかし、この夏から1年通して観察して、来年の自由研究のテーマにすると立派な作品に仕上がることは間違いないです。

 

ここまでで、自由研究は7割完成です。

準備も何もいりません。

お子さんとの計画会議だけです。

 

とは言うものの、以前のブログに書きましたが、実験しているときに何に遭遇するかはわかりません。

セレンディピティ―に出会える可能性も十分にあります。

ですので、自由研究を7割完成させた状態で夏休みを迎えて、

 

実験→失敗→考察→実験

 

という流れにじっくり取り組み、実験を楽しんで欲しいと思います。

もちろん、まなぶてらすの実験大好き!考察大好き!まさみ先生がいつでもお手伝いします!

 

「なんで?」、「どうして?」に焦点を当ててレッスンしています。失敗は、成功のもと。失敗から学ぶことを大切にしています。プロフィール詳細


ピックアップ記事

               オンライン家庭教師の「まなぶてらす」