ママブログ

家庭学習でのおすすめ 〜音読〜

Pocket

こんにちは、ようたママです。

今日は、やっててよかったと実感している家庭学習のひとつ「音読」をご紹介します。

ようたは、小さな頃から絵本が大好きでした。

私がもともと「本好きの男子、って悪くない♡」と思っているので、行政から1歳未満で頂いた「ファースト絵本」をきっかけに、小さな頃から図書館に連れて行ったり、本の定期購入をしたり、と、結果的に本の環境作りをしていました。

小学校入学後も、教科書を読むのに抵抗がなかったのは、そのせいかもしれません。

そして学校の宿題で、教科書の音読が出るようになってからのこと。

もちろん教科書なので悪くはないけれど、もう少し違う内容のものを、と思っていて、見つけたのがこちらです。

◆音読の効果って?

徹底反復 音読プリント(小学館)

テキストには
「音読は脳をもっとも活性化させる」
「声が朗々としてくると、心まで強くしっかりしてくる」
なんて、嬉しいことが書かれています。

我が家では、音読の宿題がきっかけに、偶然「音読」を始めましたが、そんな効果があるなんて想定外でした。

「脳の活性化」とあったので、これは朝やったほうがいい?と思い、朝食前の朝勉強の第一歩に始めたのです。

◆我が家での音読のやりかた

朝ごはんの前に、毎日1ページ。
ひとつのお題を、暗唱してスラスラ言えるようになるまで、ただひたすら、声に出して読む。それだけです。

1日1回、2〜3分。
朝食の支度をしながら聞いて、言葉の区切りやイントネーションがおかしかったら、その都度教える、その程度です。

意味もわからず、でも、名作をたどたどしくも読み上げている姿に、多少間違っていても、ついつい「上手〜!!」なんて褒めたりもしていました。

◆題材選びは、「言えたら、カッコいいかも♡」が基準!

テキストには様々な作品が掲載されています。
また、漢字には全てルビがふられています。

ようたは、その頃、カタカナはスムーズに読めませんでした。
またテキストにも「文章の意味理解にこだわらず、文章のリズムや響きを楽しむように」と記載されていたので、本人が読めれば、どれからスタートしても良さそうです。

なので、我が家でのお題は、完全に母親目線の「言えたらカッコいいかも♡」で、「春暁」からスタートしました。

◆気がついたら、覚えてた!!

ある朝、テキストを用意し忘れて「テキスト、どこだ〜?」と探しながら「でも、テキストなくても言えるー」と、いきなり言い始めた ようた。

「春 眠 不 覚 暁、処 処 聞 啼 鳥、えっと。。。」

音読を始めて、2週間くらいのことでした。
結局その日は、途中で詰まり、その後テキストを読み上げましたが、着実に暗唱できるようになっていて、驚きました。

翌日からは、ひと通り音読してから、暗唱する、という方法に。
2日後には、カンペキに暗唱できていました。

その後は、暗唱だけにして、数回カンペキに言えたら、新しい作品に移る、という進め方です。

次の作品も、「言えたらカッコいい♡」シリーズで「偶成(少年老いやすく 学 成り難し)」をセレクト。
こちらも、リズムが良いようで、同じように覚えました。

・・・・・

「習慣」ってすごい。

暗唱のような「記憶」って、得意/不得意があるのかと思ってました。
でも、少しずつ繰り返すことで、小学生でも覚えられる。

心がけていたのは、休日でお出かけする予定のある朝や、旅先にもテキストを持参し、ほぼ毎日、必ずやるようにしていた点です。

鉛筆も持たず、ただ読むだけ、なので、親子ともに準備や取り掛かりのハードルが低いのも嬉しい。
他の勉強が何もできない日でも、音読さえやっておけば、親としても何だか安心してしまえるのです。

また、続けていると、後々に響いてくるポイントも。

歴史好きのようたは
「平家物語(祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり・・・)」に出てくる「平清盛」や、幕末の志士「橋下左内」など、実在の人物と作品の関連性の理解を深めました。
また「古語」で学ぶような表現も、ごく自然に覚えました。
(私自身は、「古語」の授業がよくわからなくて苦痛でしたよ)

この年代から、大人になっても知っていて欲しい知識を自然に吸収していて、テキストに感謝です。

もちろん、覚えづらい作品もありますので、あくまでも興味がもてるもの、から、をオススメします。
(例えば、ようたはカタカナが多い「雨ニモマケズ」は、なかなか頭に入らないようです)

ひらがなが読めれば、何歳からでも始められる家庭学習です。
「名作をすらっと言えて、その作者も言える、ってカッコいい♡」と思えたら、ぜひ!


★ようたママのつぶやき★

小学4年生を前に、周りでは入塾する受験組のお友達もちらほら。
ちなみにようたは、本気で中学受験するかどうかは、全くの未定です。

お天気に恵まれた春休み、学校の校庭でお友達と思い切り遊べるのが嬉しいようたさんは、家庭学習も、「そんなにやるのー?」と、たった2項目(社会と算数)にブーイング。

「これくらい、塾に通うお友達の半分もやってないわよ」と、ついつい言い返した私に「おれ、塾とかカンケーないし」と切り返され、「はい、確かに勉強に時間は関係ないです、ごめんなさい」と早速撤回(汗)し、和解。

お友達との比較など、しても意味のないと分かっていて、ついつい焦りはじめる母でした。


ピックアップ記事

               オンライン家庭教師の「まなぶてらす」