NEWS

「先生はどのように採用されているの?」に答えました!【オンライン家庭教師 まなぶてらす】

Pocket

こんにちは!

まなぶてらす広報チームのこみやです。

 

ーーー

 

時々いただくご質問

 

「まなぶてらすの先生は

 どのように採用されているんですか?」

 

今日は、このご質問にお答えしていきます!

 

講師のプロフィールをご覧いただくと…

経歴や実績はみな十人十色。

 

バリバリの現役塾講師の先生もいらっしゃれば、

「勉強を教えること」とは全く違う世界で

社会人経験を積まれてこられた先生も。

 

習いごとレッスンの先生や

日本以外の国にお住まいの先生。

 

幅広い年齢層のユニークな経験を

お持ちの先生方がいらっしゃいます。

 

一見すると共通点があまり見えてこないかもしれません。

一体、どのような採用基準があるのでしょうか?

 

それでは、まず

採用までの流れを見てみましょう。

 

 

採用までの流れ

 

<書類選考>

初めはエントリーフォームから送っていただいた

内容をもとに書類選考がおこなわれます。

 

この時点で、指導経験や応募動機など

安心して任せられる講師かどうかをチェックしています。

単に生活のためとか表面的な動機では選ばれません。

子どもたちを指導することに対しての思い

まなぶてらすで教えたいという気持ちを重視しています。

 

<面接・模擬授業>

次に書類選考が通った方にオンライン面接と

模擬授業の審査がおこなわれます。

この審査は実際にまなぶてらすで指導している

それぞれの科目の専門講師が担当しています。

 

指導スキル、身だしなみや言葉づかい、

メールなどのレスポンス、

文章マナー、通信状況、ITリテラシー、

コミュニケーションスキルなどなど。

 

現場視点から、まなぶてらすの講師として

ふさわしい先生かどうかを見極めています。

 

<代表チェック>

そして、最後にまなぶてらす代表の坂本が

ひとりひとりの面接・模擬授業のビデオをチェックして、

最終的な採用・不採用の判断をしています。

 

以上の3段階を経て、採用が決まります。

(その後、個別研修を終えて講師デビューです)

 

 

講師の採用基準は?

 

「採用の流れは分かったけれど、

 肝心の採用基準はどうなのでしょうか?」

 

そこが気になりますよね!

 

やはり、学歴?合格実績?教え方の上手さ?

が重視されるのでしょうか…

 

実は採用基準はシンプルで、

 

■ 自分の子を預けられる先生かどうか

■ その先生の活躍を応援したいか

 

といった人物像や人柄を

大切な採用基準にしています。

 

自分の子を預けたいと思うほど、

責任感があり誠実な人物か。

 

たとえ学力が高くても、教え方が上手でも

この2点を軸にした基準に達していなければ

採用されることはありません。

 

—-

いかがだったでしょうか?

以上がまなぶてらす講師の採用方法です。

 

採用基準に

「自分の子を預けられる先生かどうか」

という点がありましたが、

 

実際にまなぶてらすの多くの先生が

ご自身のお子さんを、まなぶてらすで学ばせています。

(これはとても珍しいことのようです)

先生たちもお互いを信頼しているから

できることですよね。

 

すごいことだと思います!

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

まなぶてらす こみや


ピックアップ記事

               オンライン家庭教師の「まなぶてらす」